IwaoDev

この画面は、簡易表示です

.NET

C# のコードを C++/CLI に

投稿日 by Iwao

先日の「簡易 Web サーバ C#」のコードを C++ で.

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//	C# -> C++/CLI
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

#include <stdio.h>
#include <tchar.h>

//using	System;
//using	System.IO;
//using	System.Net;

#using  <System.dll>

bool	test	(void)
{
//
//	class SimpleWebServer
//	{
//		static void Main()
//		{
//			string		root = @"c:\wwwroot\";	// ドキュメント・ルート
//					root = @".\";
			System::String^	root = "./" ;
//			string		prefix = "http://*/";	// 受け付けるURL
//					prefix = "http://127.0.0.1:65432/" ;
			System::String^	prefix = "http://127.0.0.1:55555/" ;
//	
//			HttpListener 			listener = new HttpListener();
			System::Net::HttpListener^	listener = gcnew System::Net::HttpListener();
//			listener. Prefixes. Add(prefix);	// プレフィックスの登録
			listener->Prefixes->Add(prefix);
//			listener. Start();
			listener->Start();
//	
//			while (true) {
			while (true) {
//				HttpListenerContext			context = listener. GetContext();
				System::Net::HttpListenerContext^	context = listener->GetContext();
//				HttpListenerRequest			req = context. Request;
				System::Net::HttpListenerRequest^	req = context->Request;
//				HttpListenerResponse			res = context. Response;
				System::Net::HttpListenerResponse^	res = context->Response;
//	
//				Console.	 WriteLine(req. RawUrl);
				System::Console::WriteLine(req->RawUrl);
//	
//				// リクエストされたURLからファイルのパスを求める
//				string		path = root + req. RawUrl. Replace("/", "\\");
				System::String^	path = root + req->RawUrl->Replace("/", "\\");
//	
//				// ファイルが存在すればレスポンス・ストリームに書き出す
//				if (            File. Exists(path)) {
				if (System::IO::File::Exists(path)) {
//					byte[]			content =             File. ReadAllBytes(path);
					array<System::Byte>^	content = System::IO::File::ReadAllBytes(path);
//					res. OutputStream. Write(content, 0, content. Length);
					res->OutputStream->Write(content, 0, content->Length);
//					}
					}
//				res. Close();
				res->Close();
//				}
				}
//			}
//		}
//
	return	true ;
	}

int _tmain(int argc, _TCHAR* argv[])
{
	::test() ;
	return 0;
	}

Web サーバ   C++/CLI

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


VC 8 で C++/CLI

投稿日 by Iwao

VC 10 ではある程度確認が取れたので,今度は VC 8 で.
先ず,コンソール AP .ビルドすると,

1>------ ビルド開始: プロジェクト: T_Con_1, 構成: Debug Win32 ------
1>コンパイルしています...
1>T_Con_1.cpp
1>EnumFile.hxx MessageBar  No Support
1>C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 8\VC\include\vcclr.h(43) : error C2446: '!=' : 'int' 型から 'cli::interior_ptr<Type>' 型への変換ができません。
1>        with
1>        [
1>            Type=unsigned char
1>        ]
1>T:\Develop\_.SRC\_CLI\str_CLI.hxx(41) : error C2446: '==' : 'int' 型から 'System::String ^' 型への変換ができません。
1>        使用可能なユーザー定義された変換演算子がない、または
1>        演算型のボックス化された形式からターゲット型への標準変換は存在しません
1>T:\Develop\_.SRC\_CLI\str_CLI.hxx(61) : warning C4267: '初期化中' : 'size_t' から 'int' に変換しました。データが失われているかもしれません。
1>T:\Develop\_.SRC\_CLI\str_CLI.hxx(64) : warning C4267: '初期化中' : 'size_t' から 'int' に変換しました。データが失われているかもしれません。
1>T_Con_1 - エラー 2、警告 2
========== ビルド: 0 正常終了、1 失敗、0 更新、0 スキップ ==========

vcclr.h 内のエラーは,次の様に cpp の最初で vcclr.h を読み込むことで回避できる.

#ifdef      __cplusplus_cli
#include    <vcclr.h>
#endif

もう一つのエラーは次の所で,str が nullptr でないかを比較している所.

tstring	to_tstring	(System::String^ str)	
{
	if (str == nullptr)		{	return	_T("") ;	}
	pin_ptr	<const wchar_t>	pStr = PtrToStringChars(str) ;
	tstring	tstr = pStr ;
	return	tstr ;
	}

検索すると System::String::Empty を使えば良さそうたが,str が 0 との比較は必要ないのか?
VC 8 で  C++/CLI

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


MFC AP で .NET の利用

投稿日 by Iwao

MFC ダイアログ AP を C++/CLI に.
VC 2010 で,MFC ダイアログベースのスケルトンを作成.
リストボックスを追加して,コントロールの変数を割り当て.
プロジェクトの「プロパティ」で「共通言語ランタイム サポート(/clr)」に変更.
ダイアログのソースに次のものを追加.

#include	"enumfile.hxx"
#include	"vtst_MFC.hxx"
#include	"str_CLI.hxx"

#using		<System.dll>
#using		<mscorlib.dll>

OnInitDialog に次のコードを追加.

	{
		v_tstring	files = ::EnumFiles(_T("./"),_T("*.*")) ;
		::ToListBox(files,&m_CtrlListFiles) ;
		}
	{
		array<System::String^>^ gfile = System::IO::Directory::GetFiles(_T("./"));
		v_tstring	files ;
		for (int i = 0; i<gfile->Length; i++) {
			tstring	file = ::to_tstring(gfile[i]) ;
			files.push_back(file) ;
			}
		::ToListBox(files,&m_CtrlListFiles) ;
		}

MFC AP に「共通言語ランタイム サポート(/clr)」追加


「共通言語ランタイム サポート(/clr)」とすることで良いならば,コンソール AP ではどうなのか?
空のコンソール AP を作成して,次の様なコード.

#include	"enumfile.hxx"
#include	"str_CLI.hxx"

#using  	<System.dll>

bool	test	(c_tstring& str)
{
	tstring	fold_ = str ;
	{
		if (::File_IsDirectory(fold_))	{	;				}
		else				{	fold_ = ::Path_GetDir(fold_) ;	}
		}
	std::terr << fold_ << std::endl ;
	{
		v_tstring	files = ::EnumFiles(fold_,_T("*.*")) ;
		for (size_t index=0 ; index<files.size() ; index++) {
			std::terr << files[index] << std::endl ;
			}
		}
	{
		System::String^	fold = ::to_gcString(fold_) ;
		array<System::String^>^ gfile = System::IO::Directory::GetFiles(fold);
		for (int i = 0; i<gfile->Length; i++) {
			System::String^	file = gfile[i] ;
			System::Console::WriteLine(file) ;
			}
		}
	return	true ;
	}

int _tmain(int argc, _TCHAR* argv[])
{
	::test(_T("./")) ;
	return 0;
	}

Win32 コンソール AP C++  /clr に
::GetOpenFileName使用 した 方法 も可能だったが…
C++/CLI コンソール AP で GetOpenFileName を使用
::SHBrowseForFolder では,止まってしまう?


プロジェクトの作成で「CLR コンソール アプリケーション」として,main 関数を次の様にしたもの.

int main(array<System::String ^> ^args)
{
	{
	//	::call_func(argc,argv) ;
		::call_func() ;
		}
	{
		::test(_T("Test")) ;
		}
	::ask_wait() ;
	return 0;
	}

これは,ビルドするとよくわからないエラー.

1>------ ビルド開始: プロジェクト: T_CLR_2, 構成: Debug Win32 ------
1>  T_CLR_2.cpp
1>  EnumFile.hxx MessageBar  No Support
1>  .NETFramework,Version=v4.0.AssemblyAttributes.cpp
1>T_CLR_2.obj : error LNK2028: 未解決のトークン (0A000665) "extern "C" unsigned long __stdcall CommDlgExtendedError(void)" (?CommDlgExtendedError@@$$J10YGKXZ) が関数 "class std::basic_string<wchar_t,struct std::char_traits<wchar_t>,class std::allocator<wchar_t> > __cdecl FD_GetOpenFile(struct HWND__ *,wchar_t const *,wchar_t const *,wchar_t const *)" (?FD_GetOpenFile@@$$FYA?AV?$basic_string@_WU?$char_traits@_W@std@@V?$allocator@_W@2@@std@@PAUHWND__@@PB_W11@Z) で参照されました。
1>T_CLR_2.obj : error LNK2028: 未解決のトークン (0A000695) "extern "C" int __stdcall SHGetPathFromIDListW(struct _ITEMIDLIST const *,wchar_t *)" (?SHGetPathFromIDListW@@$$J18YGHPBU_ITEMIDLIST@@PA_W@Z) が関数 "class std::basic_string<wchar_t,struct std::char_traits<wchar_t>,class std::allocator<wchar_t> > __cdecl SH_GetPathFromIDList(struct _ITEMIDLIST const *)" (?SH_GetPathFromIDList@@$$FYA?AV?$basic_string@_WU?$char_traits@_W@std@@V?$allocator@_W@2@@std@@PBU_ITEMIDLIST@@@Z) で参照されました。
1>T_CLR_2.obj : error LNK2028: 未解決のトークン (0A00069F) "extern "C" void __stdcall CoTaskMemFree(void *)" (?CoTaskMemFree@@$$J14YGXPAX@Z) が関数 "class std::basic_string<wchar_t,struct std::char_traits<wchar_t>,class std::allocator<wchar_t> > __cdecl Browse_Folder(struct HWND__ *,wchar_t const *,wchar_t const *)" (?Browse_Folder@@$$FYA?AV?$basic_string@_WU?$char_traits@_W@std@@V?$allocator@_W@2@@std@@PAUHWND__@@PB_W1@Z) で参照されました。
1>T_CLR_2.obj : error LNK2028: 未解決のトークン (0A0006B0) "extern "C" struct HWND__ * __stdcall FindWindowW(wchar_t const *,wchar_t const *)" (?FindWindowW@@$$J18YGPAUHWND__@@PB_W0@Z) が関数 "struct HWND__ * __cdecl GetConsoleHwnd(void)" (?GetConsoleHwnd@@$$FYAPAUHWND__@@XZ) で参照されました。
1>T_CLR_2.obj : error LNK2028: 未解決のトークン (0A00070A) "extern "C" struct _ITEMIDLIST * __stdcall SHBrowseForFolderW(struct _browseinfoW *)" (?SHBrowseForFolderW@@$$J14YGPAU_ITEMIDLIST@@PAU_browseinfoW@@@Z) が関数 "class std::basic_string<wchar_t,struct std::char_traits<wchar_t>,class std::allocator<wchar_t> > __cdecl Browse_Folder(struct HWND__ *,wchar_t const *,wchar_t const *)" (?Browse_Folder@@$$FYA?AV?$basic_string@_WU?$char_traits@_W@std@@V?$allocator@_W@2@@std@@PAUHWND__@@PB_W1@Z) で参照されました。
1>T_CLR_2.obj : error LNK2028: 未解決のトークン (0A000710) "extern "C" int __stdcall GetOpenFileNameW(struct tagOFNW *)" (?GetOpenFileNameW@@$$J14YGHPAUtagOFNW@@@Z) が関数 "class std::basic_string<wchar_t,struct std::char_traits<wchar_t>,class std::allocator<wchar_t> > __cdecl FD_GetOpenFile(struct HWND__ *,wchar_t const *,wchar_t const *,wchar_t const *)" (?FD_GetOpenFile@@$$FYA?AV?$basic_string@_WU?$char_traits@_W@std@@V?$allocator@_W@2@@std@@PAUHWND__@@PB_W11@Z) で参照されました。
1>T_CLR_2.obj : error LNK2028: 未解決のトークン (0A000741) "extern "C" long __stdcall SendMessageW(struct HWND__ *,unsigned int,unsigned int,long)" (?SendMessageW@@$$J216YGJPAUHWND__@@IIJ@Z) が関数 "extern "C" long __cdecl SendMessage(struct HWND__ *,unsigned int,unsigned int,long)" (?SendMessage@@$$J0YAJPAUHWND__@@IIJ@Z) で参照されました。
1>T_CLR_2.obj : error LNK2019: 未解決の外部シンボル "extern "C" long __stdcall SendMessageW(struct HWND__ *,unsigned int,unsigned int,long)" (?SendMessageW@@$$J216YGJPAUHWND__@@IIJ@Z) が関数 "extern "C" long __cdecl SendMessage(struct HWND__ *,unsigned int,unsigned int,long)" (?SendMessage@@$$J0YAJPAUHWND__@@IIJ@Z) で参照されました。
1>T_CLR_2.obj : error LNK2019: 未解決の外部シンボル "extern "C" int __stdcall SHGetPathFromIDListW(struct _ITEMIDLIST const *,wchar_t *)" (?SHGetPathFromIDListW@@$$J18YGHPBU_ITEMIDLIST@@PA_W@Z) が関数 "class std::basic_string<wchar_t,struct std::char_traits<wchar_t>,class std::allocator<wchar_t> > __cdecl SH_GetPathFromIDList(struct _ITEMIDLIST const *)" (?SH_GetPathFromIDList@@$$FYA?AV?$basic_string@_WU?$char_traits@_W@std@@V?$allocator@_W@2@@std@@PBU_ITEMIDLIST@@@Z) で参照されました。
1>T_CLR_2.obj : error LNK2019: 未解決の外部シンボル "extern "C" void __stdcall CoTaskMemFree(void *)" (?CoTaskMemFree@@$$J14YGXPAX@Z) が関数 "class std::basic_string<wchar_t,struct std::char_traits<wchar_t>,class std::allocator<wchar_t> > __cdecl Browse_Folder(struct HWND__ *,wchar_t const *,wchar_t const *)" (?Browse_Folder@@$$FYA?AV?$basic_string@_WU?$char_traits@_W@std@@V?$allocator@_W@2@@std@@PAUHWND__@@PB_W1@Z) で参照されました。
1>T_CLR_2.obj : error LNK2019: 未解決の外部シンボル "extern "C" struct _ITEMIDLIST * __stdcall SHBrowseForFolderW(struct _browseinfoW *)" (?SHBrowseForFolderW@@$$J14YGPAU_ITEMIDLIST@@PAU_browseinfoW@@@Z) が関数 "class std::basic_string<wchar_t,struct std::char_traits<wchar_t>,class std::allocator<wchar_t> > __cdecl Browse_Folder(struct HWND__ *,wchar_t const *,wchar_t const *)" (?Browse_Folder@@$$FYA?AV?$basic_string@_WU?$char_traits@_W@std@@V?$allocator@_W@2@@std@@PAUHWND__@@PB_W1@Z) で参照されました。
1>T_CLR_2.obj : error LNK2019: 未解決の外部シンボル "extern "C" unsigned long __stdcall CommDlgExtendedError(void)" (?CommDlgExtendedError@@$$J10YGKXZ) が関数 "class std::basic_string<wchar_t,struct std::char_traits<wchar_t>,class std::allocator<wchar_t> > __cdecl FD_GetOpenFile(struct HWND__ *,wchar_t const *,wchar_t const *,wchar_t const *)" (?FD_GetOpenFile@@$$FYA?AV?$basic_string@_WU?$char_traits@_W@std@@V?$allocator@_W@2@@std@@PAUHWND__@@PB_W11@Z) で参照されました。
1>T_CLR_2.obj : error LNK2019: 未解決の外部シンボル "extern "C" int __stdcall GetOpenFileNameW(struct tagOFNW *)" (?GetOpenFileNameW@@$$J14YGHPAUtagOFNW@@@Z) が関数 "class std::basic_string<wchar_t,struct std::char_traits<wchar_t>,class std::allocator<wchar_t> > __cdecl FD_GetOpenFile(struct HWND__ *,wchar_t const *,wchar_t const *,wchar_t const *)" (?FD_GetOpenFile@@$$FYA?AV?$basic_string@_WU?$char_traits@_W@std@@V?$allocator@_W@2@@std@@PAUHWND__@@PB_W11@Z) で参照されました。
1>T_CLR_2.obj : error LNK2019: 未解決の外部シンボル "extern "C" struct HWND__ * __stdcall FindWindowW(wchar_t const *,wchar_t const *)" (?FindWindowW@@$$J18YGPAUHWND__@@PB_W0@Z) が関数 "struct HWND__ * __cdecl GetConsoleHwnd(void)" (?GetConsoleHwnd@@$$FYAPAUHWND__@@XZ) で参照されました。
1>D:\Document\VS\VS\2010\T_CLI\Debug\T_CLR_2.exe : fatal error LNK1120: 外部参照 14 が未解決です。
========== ビルド: 0 正常終了、1 失敗、4 更新不要、0 スキップ ==========

どこかを設定を設定すれば良いのかもしれないが,ちょっとわからない.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


Linux VS Code インストール

投稿日 by Iwao

Fedora 環境に VS Code のインストール.
How to Install Visual Studio Code on Fedora 36 Linux
最初の次のコマンドで,時間がかかっている.
sudo dnf upgrade –refresh
それで調べているともっと簡単と思われる情報が…
Visual Studio Code – Fedora Project Wiki
次のコマンドでインストール.
flatpak install https://flathub.org/repo/appstream/com.visualstudio.code.flatpakref
何とか入った.
Fedora に VS Code のインストール
が,どうやって使うのか…


Ubuntu 環境は OS が古く,20.04 への更新から.
さらに flatpak をインストールする必要があった.
sudo apt install flatpak
そして,
flatpak install https://flathub.org/repo/appstream/com.visualstudio.code.flatpakref
Ubuntu 環境に VS Code のインストール
こちらの方は「日本語化」のインストールの案内が自動で出てきた.
Fedora 環境では,手動で追加.
VS Code  日本語化パッケージのインストール
「言語拡張機能の参照」をクリック.すると,左に「C#」などがリストされる.
VC Code に C# のインストール


.NET のインストール.
Linux に .NET をインストールする
dotnet と入力すると,sudo snap install dotnet-sdk と出てきた.
Ubuntu に dotnet-sdk をインストール
これは違った?


次の所にある C# のコードを作成して VS Code で「デバッグなして実行」.
コンソール アプリ
すると,また同じ所に.
Ubuntu に .NET SDK または .NET ランタイムをインストールする
順に入れたが…

wget https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/20.04/packages-microsoft-prod.deb -O packages-microsoft-prod.deb
sudo dpkg -i packages-microsoft-prod.deb
rm packages-microsoft-prod.deb

sudo apt-get update &&   sudo apt-get install -y dotnet-sdk-6.0

よくわからない.


次の所を参考にコマンドで…
Linux での開発用に C# を設定する
次のコマンドを入力すると…
dotnet new console
そして,
dotnet run
dotnet new console と dotnet run
何とか,コンパイル,実行できることは確認できた.


今度は Fedora 環境に.
Fedora に .NET SDK または .NET ランタイムをインストールする
sudo dnf install dotnet-sdk-6.0
dotnet new console と dotnet run
Fedora で dotnet new console と dotnet run


2022/11/25
Windows 環境だと…
dotnet new winforms
dotnet new <テンプレート>


VS Code はエディタとして使用する程度?
チュートリアル: Visual Studio Code を使用して .NET コンソール アプリケーションを作成する
うまく動作しない.ターミナルからでは dotnet コマンドへのパスが通っていない?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


「.NET なんとか」

投稿日 by Iwao

「.NET なんとか」のメモ.
.NET Framework
.NET (.NET Core)
.NET MAUI
.NET CLI


VS などが入っている環境だと,次のコマンドで SDK バージョンを確認できる.
dotnet –list-sdks
dotnet --info


Visual C++ で基本的なファイル I/O を実行する
C++/CLI プロジェクトを .NET Core または .NET 5 に移植する方法


C++/CLI
C++/CX
C++/WinRT


C++/CLI
「プロジェクト テンプレート」で「CLR 空のプロジェクト(.NET Framework)」を選択.
CLR .NET Framework
次の様な内容のソースを追加.

//#include "pch.h"

using namespace System;

int main(array<System::String^>^ args)
{
    Console::Write("test");
    return 0;
    }

VC 2022  CLR  プロパティ


次の所のコードと std::cin との混在.
ファイル処理と I/O (C++/CLI)

// file_info.cpp
// compile with: /clr

using namespace System;
using namespace System::IO;

#include	"ask_cli.hxx"

#include	"str_CLI.hxx"

bool	Draw_FileInfo	(c_tstring& file_name)
{
	String^		file = ::to_gcString(file_name) ;

	FileInfo^ fi = gcnew FileInfo(file) ;

	Console::WriteLine("file size: {0}", fi->Length);

	Console::Write    ("File creation date:  ");
	Console::Write    (        fi->CreationTime.Month.ToString());
	Console::Write    (".{0}", fi->CreationTime.Day.ToString());
	Console::WriteLine(".{0}", fi->CreationTime.Year.ToString());

	Console::Write    ("Last access date:  ");
	Console::Write    (        fi->LastAccessTime.Month.ToString());
	Console::Write    (".{0}", fi->LastAccessTime.Day.ToString());
	Console::WriteLine(".{0}", fi->LastAccessTime.Year.ToString());

	return	true ;
	}

int main()
{
	array<String^>^ args = Environment::GetCommandLineArgs();
	if (args->Length > 1) {
		tstring	file_name = ::to_tstring(args[1]) ;
		::Draw_FileInfo(file_name) ;
		}
	else {
		while(true)	{
			tstring	path = ::ask_cli(_T("file ... ? =")) ;
			if (path.empty())	{	break ;		}
			::Draw_FileInfo(path) ;
			}
		}
	return 0;
	}
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


簡易 Web サーバ C#

投稿日 by Iwao

System.Net.HttpListener.dll で比較的簡単にできるみたいなので,ちょっと調べてみた.


最初に見つけたのは次の所.
.NET TIPS 簡易Webサーバを実装するには?[2.0のみ、C#、VB]
Win10 C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v3.5\csc.exe でコンパイルして問題なく動作する.
そのままのコードでは,管理者として起動しなければならないのと,ルートが固定のため少し変更.

	string	root = @"c:\wwwroot\";	// ドキュメント・ルート
		root = @".\";
	string	prefix = "http://*/";	// 受け付けるURL
		prefix = "http://localhost:65432/" ;

これで exe を対象のルートにコピーして,起動させることができる.
HttpListener  C#


localhost ではなく 127.0.0.1 を指定すると //localhost:65432/… としてもアクセス可能.
prefix = "http://127.0.0.1:65432/" ;


参考にさせてもらった所.
https://yryr.me/programming/local-http-server.html
https://www.3ace-net.co.jp/blog/201304151845.html
https://d01tsumath.hatenablog.com/entry/2019/08/16/190000


これらをテストしていて,WebGL のページを表示すると,極端に遅くなる.
以前は FHD 環境だったが,先日から 4K でいろいろと…
そのため WebGL などのページを表示すると,GPU のメモリを大量に使用するみたい.
タスクマネージャの「専用 GPU メモリ」は 10 GB 程度になっているが,どこを使用しているの?
設定にもよるかもしれないが Firefox で次の所を表示すると「専用 GPU メモリ」の使用量が増えていく.
https://threejs.org/examples/#webgl_instancing_performance

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


.NET と Win32 API

HDC の利用
IntPtr のまま与えてしまうと,
  c:\…\Form1.h(156) : error C2664: ‘DrawText’ : 1 番目の引数を ‘System::IntPtr’ から ‘HDC’ に変換できません。


  IntPtr pDC = e->Graphics->GetHdc() ;
  HDC hDC = static_cast(pDC.ToPointer()) ;
// DrawText(hDC, tstr.c_str(), -1, &rect, 0 );
  e->Graphics->ReleaseHdc(pDC) ;
ちょっと古いが,プログラミング Visual C++.NET Vol.2 P.459


コードを修正しビルドすると,
  ~.obj : error LNK2028: 未解決のトークン (0A00005B) …
  ~.obj : error LNK2019: 未解決の外部シンボル …
error LNK2028 LNK2019
「親または…」にチェックを入れる.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  • カテゴリー:

C# のコードを C++.NET で…

MSDN にあるサンプルを VC++2008 でビルドする.
MSDN 四角形内にテキストを折り返して描画する


新規プロジェクトで「Windows フォーム アプリケーション」.
「新規プロジェクト」-「Windows フォーム アプリケーション」
Paint のハンドラを追加.
Paint ハンドラの追加


private: System::Void Form1_Paint(System::Object^  sender, System::Windows::Forms::PaintEventArgs^  e) {
/*
  string text2 = “Draw text in a rectangle by passing a RectF to the DrawString method.”;
  using (Font font2 = new Font(“Arial”, 12, FontStyle.Bold, GraphicsUnit.Point))
  {
    Rectangle rect2 = new Rectangle(30, 10, 100, 122);
    // Specify the text is wrapped.
    TextFormatFlags flags = TextFormatFlags.WordBreak;
    TextRenderer.DrawText(e.Graphics, text2, font2, rect2, Color.Blue, flags);
    e.Graphics.DrawRectangle(Pens.Black, Rectangle.Round(rect2));
  }
*/

  String^        text2 = “Draw text in a rectangle by passing a RectF to the DrawString method.”;
  Drawing::Font^     font2 = gcnew    Drawing::Font(“Arial”, 12, FontStyle::Bold, GraphicsUnit::Point) ;
  Drawing::Rectangle^    rect2 = gcnew    Drawing::Rectangle(30,10,100,122) ;
  TextFormatFlags        flags = TextFormatFlags::WordBreak ;
  TextRenderer::DrawText(e->Graphics,text2,font2,*rect2,Color::Blue,flags) ;
  e->Graphics->DrawRectangle(Pens::Black,*rect2) ;
}


RECT または CRect にあたるものは,Drawing::Rectangle .
ここで利用している Font は Drawing::Font としないとエラーになる.
  c:\…\drawt_2\Form1.h(87) : error C2061: 構文エラー : 識別子 ‘Font’
DrawText などの Rectangle はハンドルではなく実体.


2013/11/05
C# の文字列の前の ‘@’
リテラル文字列


MFC での文字列の変数に対する += .
  CString str ;
  str += _T(“123”) ;
C++/CLI で System::String は可能であるが,C# の string ではエラーとなるみたい.


2013/11/06
C# で g.Dispose() ;
  C++ では delete g ;
Graphics.Dispose メソッド

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


この要求の処理に必要なリソースの解析中に…

プログラミング Visual C++.NET の Ex34a で,


‘/’ アプリケーションでサーバー エラーが発生しました。


パーサー エラー
説明: この要求の処理に必要なリソースの解析中にエラーが発生しました。以下の解析エラーの詳細を確認し、ソースファイルに変更を加えてください。
パーサー エラー メッセージ: 型 ‘Ex34a.ManagedCPPPage’ を読み込めませんでした。
ソース エラー:

行 1:  <%@ Page Language="c#" Inherits="Ex34a.ManagedCPPPage" %>
行 2:  <html>
行 3:  <body>

ソース ファイル: /Test/ASP_net/Ex34a.aspx   
行: 1


バージョン情報: Microsoft .NET Framework バージョン:2.0.50727.3649; ASP.NET バージョン:2.0.50727.3634


「インターネット インフォメーション サービス」を起動.
対象のフォルダ(ここでは Test/ASP_net )を選択して,「右クリック」-「プロパティ」.
「ディレクトリ」タブの真ん中あたり,「アプリケーションの設定」で「作成」する.
https://mish.myds.me/wordpress/dev/2010/01/29/構成にエラーがあります/

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


C2146

次の様なコードで,C2146 , C2065


  private: System::Void Form1_Paint(System::Object^ sender, System::Windows::Forms::PaintEventArgs^ e) {
    Size cr = this->ClientSize ;
    Point lt = Point(cr.Width/3*1,cr.Height/3*1) ;
    Point rb = Point(cr.Width/3*2,cr.Height/3*2) ;
    array<Point>^ pts = gcnew array<Point>(5) ;
    {
      pts->SetValue(gcnew Point(lt.X,lt.Y),0) ;
      pts->SetValue(gcnew Point(lt.X,rb.Y),1) ;
      pts->SetValue(gcnew Point(rb.X,rb.Y),2) ;
      pts->SetValue(gcnew Point(rb.X,lt.Y),3) ;
      pts->SetValue(gcnew Point(lt.X,lt.Y),4) ;
      }
    e->Graphics->DrawLines(gcnew Pen(Color::Red),pts) ;
    }
  private: System::Void Form1_SizeChanged(System::Object^ sender, System::EventArgs^ e) {
    this->Invalidate() ;
    }


—— ビルド開始: プロジェクト: DrwLines, 構成: Debug Win32 ——
コンパイルしています…
DrwLines.cpp
c:\…\drwlines\Form1.h(75) : error C2146: 構文エラー : ‘;’ が、識別子 ‘cr’ の前に必要です。
c:\…\drwlines\Form1.h(75) : error C2065: ‘cr’ : 定義されていない識別子です。
c:\…\drwlines\Form1.h(76) : error C2228: ‘.Width’ の左側はクラス、構造体、共用体でなければなりません
型は ”unknown-type” です。
c:\…\drwlines\Form1.h(76) : error C2228: ‘.Height’ の左側はクラス、構造体、共用体でなければなりません
型は ”unknown-type” です。
c:\…\drwlines\Form1.h(77) : error C2228: ‘.Width’ の左側はクラス、構造体、共用体でなければなりません
型は ”unknown-type” です。
c:\…\drwlines\Form1.h(77) : error C2228: ‘.Height’ の左側はクラス、構造体、共用体でなければなりません
型は ”unknown-type” です。
ビルドログは “file://c:\…\DrwLines\Debug\BuildLog.htm” に保存されました。
DrwLines – エラー 6、警告 0
========== ビルド: 0 正常終了、1 失敗、2 更新、0 スキップ ==========


Drawing::Size とすることにより通る様になるが,イマイチどの様に書くべきかが理解できてない.
DrawLines についても,よくわかってない.array<Point>^ の array って何?
ここの説明がわかりやすい.


pts->SetValue(gcnew Point(lt.X,lt.Y),0) ; の gcnew はいらない?
関数の引数の const ~ & はどこへ?


printf や CString::Format の “%10.3f” の様な形式
  String::Format で “{0,10:F3}”


C:\…\HelpPnt.hxx(72) : error C3083: ‘Drawing’: ‘::’ の左側のシンボルには、型を指定しなければなりません
C:\…\HelpPnt.hxx(72) : error C2039: ‘Point’ : ‘System’ のメンバではありません。
C:\…\HelpPnt.hxx(72) : error C2065: ‘Point’ : 定義されていない識別子です。
#using <System.Drawing.dll> を追加

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


CLI + MFC

CLR コンソール アプリケーションを作成.
Console::WriteLine を追加.


#include “stdafx.h”
using namespace System;
int main(array ^args)
{
  Console::WriteLine(L”Hello World”);
#ifdef _WIN32
  Console::WriteLine(L”WIN32″);
#endif
#ifdef __cplusplus_cli
  Console::WriteLine(L”CLI”);
#endif
#ifdef __CLR_VER
  Console::WriteLine(__CLR_VER);
#endif
#ifdef _MFC_VER
  Console::WriteLine(_MFC_VER);
#endif
  return 0;
  }
実行すると,
C:\…>”C:\…\debug\ConAp.exe”
Hello World
WIN32
CLI
20050727


これに MFC の機能を追加しようとしたがわからなかったので.MFC コンソール AP を作成して /clr を追加することにした.


#include “stdafx.h”
#include “ConMFC.h”
//
#ifdef _DEBUG
#define new DEBUG_NEW
#endif
//
using namespace System;
// 唯一のアプリケーション オブジェクトです。
CWinApp theApp;
//
using namespace std;
//
int _tmain(int argc, TCHAR* argv[], TCHAR* envp[])
{
  int nRetCode = 0;
//
  if (!AfxWinInit(::GetModuleHandle(NULL), NULL, ::GetCommandLine(), 0))  {
    _tprintf(_T(“致命的なエラー: MFC の初期化ができませんでした。\n”));
    nRetCode = 1;
  }
  else {
    // TODO: アプリケーションの動作を記述するコードをここに挿入してください。
  }
  Console::WriteLine(L”Hello World”);
#ifdef _WIN32
  Console::WriteLine(L”WIN32″);
#endif
#ifdef __cplusplus_cli
  Console::WriteLine(L”CLI”);
#endif
#ifdef __CLR_VER
  Console::WriteLine(__CLR_VER);
#endif
#ifdef _MFC_VER
  Console::WriteLine(_MFC_VER);
#endif
  return nRetCode;
}
実行すると,
C:\…>”C:\…\debug\ConMFC.exe”
Hello World
WIN32
CLI
20050727
2048


CLR のバージョンは,2.0.50727
MFC は 0x0800
VC 定義済みマクロ

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


ASP.NET Web

Visual Studio .NET スタートブック を読みながら,ASP.NET Web サービスをテスト(使用した VS は 2005 ).


新規プロジェクトで出来上がった,Service1.asmx.vb の
<WebMethod()> Public Function HelloWOrld() … End Function  の次に,以下を追加.
  <WebMethod()> Public Function CalcSvc(ByVal x As Integer, ByVal y As Integer) As Integer
    Return x + y
  End Function
実行も本の通り.
同様に,Service1.asmx.cs では
  [WebMethod]
  public string HelloWorld() {
    return “Hello World”;
  }
  [WebMethod]
  public int CalcSvcCS(int x ,int y) {
    return x + y ;
  }


今度は C++ .
面倒だったので CalcCPPClass.h のみに.
  [System::Web::Services::WebMethod]
  String ^HelloWorld();
  [System::Web::Services::WebMethod]
  int CalcSvcCPP(int x,int y) { return x+y ; }
ソリューションに複数のプロジェクトとしていたので,どこかの設定が違うのか VS から直接の起動が出来ない.
ブラウザで //localhast/~/~.asmx を指定すれば期待した動作となる.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


Mono

ここを参考にさせてもらって,MonoDevelop をインストール.
C# のコンソールプロジェクトで作成したスケルトンのまま,ビルド,実行はすんなり動作した.
先日作成したフォームを塗りつぶすコードも,プロジェクトをそのままコピーして実行できる.
     private void Form1_Paint(object sender, PaintEventArgs e)
     {
       LinearGradientBrush brush = new LinearGradientBrush
            (ClientRectangle,Color.Green,Color.White,LinearGradientMode.ForwardDiagonal);
       e.Graphics.FillRectangle(brush,ClientRectangle);
     }
VisualC#.NET プログラミング入門にある AssemblyViewer も起動はしている.
機能の動作はエラーとなることもあるが,これはこの exe などの制限かもしれない.
VS 2005 で生成できる C# のスクリーン セーバ スタート キットも実行できる.
  /c で設定画面を表示して rss を指定しても,RSS の読込が正しく行われない?
   → と思ったが,やり直したら?正しく RSS が読めている.
     mono SSaveCS.exe [/c]


VB.NET のプロジェクトは生成できるが,ビルドしようとするとコンパイラがないとのエラー.
検索して,vbnc をインストール.
コンソール AP は通る様になったが,Windows フォームではコンパイルエラー?
  Application.Designer.vb
    Me.MainForm = Global.WinApVB.FormVB
      ’WinApVB.FormVB’ is a type and cannot be use as an expression.(VBNC30691)
    VB Windows フォームには対応していないのか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


フォームへの描画

フォームに,左上から右下へグラデーションで表示する動作を幾つかの言語で書いてみた.


C#
//…
using System.Drawing.Drawing2D;
//…
namespace WinApCS
{
   public partial class FormCS : Form
   {
     public FormCS()
     {
       InitializeComponent();
     }
     private void Form1_Paint(object sender, PaintEventArgs e)
     {
       LinearGradientBrush brush = new LinearGradientBrush
            (ClientRectangle,Color.Green,Color.White,LinearGradientMode.ForwardDiagonal);
       e.Graphics.FillRectangle(brush,ClientRectangle);
     }
     protected override void OnResize(System.EventArgs e)
     {
       Invalidate();
     }
   }
}


VB
Imports System.Drawing.Drawing2D
Public Class FormVB
   Protected Overrides Sub OnPaint(ByVal e As System.Windows.Forms.PaintEventArgs)
     Dim brush As New LinearGradientBrush
            (ClientRectangle, Color.Blue, Color.White, LinearGradientMode.ForwardDiagonal)
     e.Graphics.FillRectangle(brush, ClientRectangle)
   End Sub
   Protected Overrides Sub OnResize(ByVal e As System.EventArgs)
     Invalidate()
   End Sub
End Class


J#
//…
import System.Drawing.Drawing2D.*;
//…
public class FormJS extends System.Windows.Forms.Form
{
   //…
   private void Form1_Paint(Object sender, PaintEventArgs e)
   {
     LinearGradientBrush brush = new LinearGradientBrush
         (get_ClientRectangle(),Color.get_Red(),Color.get_White(),LinearGradientMode.ForwardDiagonal) ;
     e.get_Graphics().FillRectangle(brush,get_ClientRectangle()) ;
   }
   protected void OnResize(System.EventArgs e)
   {
     this.Invalidate();
   }
}


C++/CLI
//…
namespace WFmCpClr {
   //…
   using namespace System::Drawing::Drawing2D;
   //…
   public ref class FormVC : public System::Windows::Forms::Form
   {
     //…
     private: System::Void FormVC_Paint
            (System::Object^ sender, System::Windows::Forms::PaintEventArgs^ e) {
       LinearGradientBrush^ brush = gcnew LinearGradientBrush
            (ClientRectangle,Color::Olive,Color::White,LinearGradientMode::ForwardDiagonal) ;
       e->Graphics->FillRectangle(brush,ClientRectangle) ;
     }
     private: System::Void FormVC_Resize(System::Object^ sender, System::EventArgs^ e) {
       Invalidate();
     }
   };
}

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  • カテゴリー:


top