ホーム » Windows » GetGlyphOutline の再調査

2023年3月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ統計情報

  • 78,900 アクセス



GetGlyphOutline の再調査

今動作しているコードを見ると,20 年以上前に書き始めたもの.
UNICODE 対応などの変更はあるが,基本的な動作はほとんど変わっていない.
MFC や古い自前のコードに依存している部分があるので,書き直そうかと…


その当時,どこを参考にしたのかわからない.一番古い部分は 1998 になっている.
テスト用に作成したプロジェクトのスケルトンの作成も 1997/04 のものがある.
次の所を参考にしたものと思うが,内容がだいぶ変わっている.
Q243285: HOWTO: Draw TrueType Glyph Outlines


::GetGlyphOutline の呼び出し方はそれほど難しくないが,返された TTPOLYGONHEADER などが難解.
当時はあまり理解できず,単純にポリラインに変換(QSpline2Polyline)していた.
今回検索すると,TTPOLYGONHEADER と TTPOLYCURVE などが詳しく書かれている所があった.
GetGlyphOutlineからアウトラインデータをもらおう
文字アウトラインの取得
Q87115: HOWTO: GetGlyphOutline() Native Buffer Format


2023/03/13
ここ のコードの結果を,2D データとしてダンプ.

	{
		tstring	tmp_path ;
		{
			size_t	size = MAX_PATH ;
			tmp_path.resize(size,0) ;
			::GetTempPath(DWORD(size),&tmp_path[0]) ;
			tmp_path = tstring(tmp_path.c_str()) ;
			}
		tstring	out_ipl = tmp_path ;
		{
		//	UINT	chr = character ;
			if (chr < 0xff) {
				out_ipl += TCHAR(chr) ;
				}
			else {
				tstring	buf ;	buf.resize(255,0) ;
				::_itot(chr,&buf[0],16)  ;
				out_ipl += buf.c_str() ;
				}
			out_ipl += _T(".ipl") ;
			}
		std::tout << out_ipl << std::endl ;
		std::ofstream	ipl_file(out_ipl.c_str()) ;
		for (size_t r_index=0 ; r_index<result.size() ; r_index++) {
			std::vector <LINE> vd = result[r_index] ;
			for (size_t v_index=0 ; v_index<vd.size() ; v_index++) {
				LINE	d = vd[v_index] ;
				ipl_file << _T("L") << std::endl ;
				for (size_t p_index=0 ; p_index<d.points.size() ; p_index++) {
					Vec2	p = d.points[p_index] ;
					ipl_file << p.x << _T(",") << p.y << std::endl ;
					}
				ipl_file  << std::endl ;
				}
			}
		ipl_file.close() ;
		}

%TEMP%\A.ipl は次の様になる.


L
36.5313,22
26.3125,50.2344
16.125,22

L
44.4219,0
38.6875,16
13.9375,16
8.20313,0
1,0
22.0469,57
30.9844,57
52,0


GetGlyphOutline  A
ipl の形式 f_ipl.hxx
個人的に作成した次のツールで表示可能.
https://jml.mish.work/index.php/i-tools/i3dx.html

Is this 投稿 useful? Useful Useless 1 of 1 people say this 投稿 is useful.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。