ホーム » 2023 » 3月 » 15

日別アーカイブ: 2023/03/15

2023年3月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ統計情報

  • 87,726 アクセス


GetGlyphOutline TTPOLYCURVE

TTPOLYCURVE の TT_PRIM_LINE と TT_PRIM_QSPLINE は昨日までのコードでできそう.
TT_PRIM_CSPLINE についてもコードはわかりそうだが,実際のデータがちょっとわからない.
Q243285 の ::DrawT2Outline では,処理はしていないみたい.
::MakeBezierFromQBSpline では Quadratic から Cubic にしている.
12: 2次ベジェ曲線を3次に変換する方法
2次ベジェ曲線から3次ベジェ曲線への変換
今まで使っていたコードの TT_PRIM_CSPLINE 部分も同様で,特に問題はなかったようにも思う.


曲線の種類と Vd2A(2D の double の配列)を持つ「LQC クラス」を用意するか.
その配列 v_LQC が 1つの TTPOLYGONHEADER となる?
‘1’,’2′,’3′ などは 1つの TTPOLYGONHEADER .’A’ や ‘b’ は 2つ,’B’ や ‘8’ は 3つとなる.
MS ゴシック   あいうえお ...
1つの文字を表現するために v_LQC の配列の vv_LQC を用意.
ここまでで ::GetGlyphOutline の出力を vv_LQC として変換できる.
この vv_LQC をポリラインに変換して,v_PLF(複数のポリラインなどを保持可能)に登録する.
これで文字列を vv_PLF(そのままでは輪郭,先日の穴の処理をしてポリゴンに)として保持できる.


2023/03/17
TT_PRIM_CSPLINE に関して
GetGlyphOutline で uFormat に GGO_NATIVE ではなく GGO_BEZIER を指定.
すると,制御点が 2 つのデータが返される.
ポリラインに変換するコードは次の様なもの?

Vd2A	LQC_3_to	(const LQC& lqc)
{
	Vd2A	pts ;
	if (lqc.size() > 0)	{
		Vd2	q0(lqc[0]) ;
		Vd2	q1(lqc[0]) ;
		Vd2	q2(lqc[0]) ;
		Vd2	q3(lqc[0]) ;
		for (size_t index=0 ; index+3<lqc.size() ; index++) {
			if (index == 0)	{	q0 = lqc[index+0] ;	}
						q1 = lqc[index+1] ;
						q2 = lqc[index+2] ;
						q3 = lqc[index+3] ;
			Vd2A	va = ::bezier(q0,q1,q2,q3) ;
			pts.insert(pts.end(),va.begin(),va.end()) ;
			q0 = q3 ;
			}
		}
	return	pts ;
	}
Is this 投稿 useful? Useful Useless 0 of 0 people say this 投稿 is useful.