ホーム » 2022 » 12月

月別アーカイブ: 12月 2022

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

アーカイブ

ブログ統計情報

  • 78,903 アクセス



Synology Chat

Synology NAS にある Chat 機能をインストールした.
Synology Chat Server
Chat Server をインストールすると,LAN 内の NAS ユーザであれば次の様な指定でアクセスできる.
//192.168.1.xxx/chat/
//192.168.1.xxx/chat/
//192.168.1.xxx/chat/ の様にアクセスするために「ログインポータル」の設定が必要.
「コントロールパネル」-「ログインポータル」-「アプリケーション」で「Synology Chat」を選択して「編集」.
Synology Chat エイリアス
「エイリアス」の所で指定したものが //192.168.1.xxx/(エイリアス)/ として使用される.
ここでは https://chat.(example.com) などの様にアクセスする設定も可能.


私の NAS 環境では,自分以外は「テスト用」などしか登録していない.
そのため Chat のためにユーザを追加登録するのはちょっと目的が違う.
Synology Chat ゲスト」で検索して「ゲスト機能」があることはわかっていたので,その設定.
「Chat Admin Console」の「設定」で「ゲストユーザーを許可」にチェック.
ゲストユーザーを許可
それで,その後の設定がなかなかわからなかった.
「チャンネルの作成」で「プライベート チャンネル」と「パブリック チャンネル」がある.
チャンネルの作成
「ゲスト」ユーザは「プライベート チャンネル」の方で招待できる.
「プライベート チャンネル」を作成して,右上の「メンバー」アイコンをクリック.
Synology Chat メンバー
すると「ゲスト」タブが表示される.
「ゲスト」タブを選択して「追加」すると「ゲスト電子メール」などを指定して招待メールを送信できる.
Synology Chat 新しいゲストアカウントを作成
あとは,メールを受け取った側が自分でログイン情報を入力して,Synology Chat を利用できる様になる.


2023/01/03
ゲストユーザは,NAS 上の Homes の下に guest_(ユーザ名) で追加される.
Synology Chat Homes/guest_...


2023/01/06
不要になったゲストユーザは「コントロールパネル」-「ユーザーとグループ」で削除できる.
Synology Chat ゲストユーザの削除


2023/03/14
何故かわからないが,チャットのゲストで登録したアカウントでログインできない.
NAS の登録ユーザであれば //(NAS)/chat/ から入ってログインできる.
スマートフォンの「Chat」からも問題ないが,ブラウザの時にうまくない様子.
Synology Chat  サインインできない
どうも,招待メールにあるアドレスから入る必要があるみたい.
https://(NAS)/chat/guest/index.html#eyJ0eXAiOiJ…
更に試すと,次の様に # 以降はなくても大丈夫.
https://(NAS)/chat/guest/index.html


PPAP の代わりとしても使えると思う.

Is this 投稿 useful? Useful Useless 0 of 0 people say this 投稿 is useful.

VirusTotal Cylance Unsafe

1 年位前から,exe をビルドしてデバッグが終わると VirusTotal でチェックしている.
それで,誤検知されやすいと思われる VC のバージョンなどのメモ.


VC6.exe では,ほとんどが何らかのものに引っ掛かってしまう.
SecureAge Malicious
VC8.exe や VC9.exe も何かに引っ掛かってしまうことが多い.
VC 10 ~ VC 12 では,あまり規則性はわからない.コードによる?


VC 14 以降は,普通の MFC のコードであればほぼ問題なさそう.
但し最初のうちは,ほとんど Cylance Unsafe となってしまう.
VirusTotal Cylance Unsafe
が,数日経過すると警告は消えることが多い.

Is this 投稿 useful? Useful Useless 0 of 0 people say this 投稿 is useful.

error C2668: ‘abs’

1>------ ビルド開始: プロジェクト: ClCpy, 構成: Debug Win32 ------
1>コンパイルしています...
1>ClCpyDlg.cpp
1>l:\document\develop\tools\_free\tiny\clcpy\clcpydlg.cpp(396) : error C2668: 'abs' : オーバーロード関数の呼び出しを解決することができません。(新機能 ; ヘルプを参照)
1>        c:\program files (x86)\microsoft visual studio 8\vc\include\math.h(539): 'long double abs(long double)' の可能性があります。
1>        c:\program files (x86)\microsoft visual studio 8\vc\include\math.h(491): または 'float abs(float)'
1>        c:\program files (x86)\microsoft visual studio 8\vc\include\math.h(487): または 'double abs(double)'
1>        c:\program files (x86)\microsoft visual studio 8\vc\include\math.h(485): または 'long abs(long)'
1>        c:\program files (x86)\microsoft visual studio 8\vc\include\stdlib.h(415): または 'int abs(int)'
1>        引数リスト '(size_t)' を一致させようとしているとき
1>ビルド時間 0:07
1>ClCpy - エラー 1、警告 0
========== ビルド: 0 正常終了、1 失敗、0 更新、0 スキップ ==========

error C2668: 'abs' : オーバーロード関数の呼び出しを解決することができません。
次の様に long にキャストすることで対応.
size_t len_ = ::abs(long(lenS-lenD)) ;

Is this 投稿 useful? Useful Useless 0 of 0 people say this 投稿 is useful.

Win11 MFC80u.dll などの場所

VC 2005 で作成した exe がうまく起動しないと連絡が入った.
すぐに dll などがないためとわかり,VC 2005 SP1 vcredist_x86.exe を入れて対応してもらった.
https://jml.mish.work/index.php/cpp/ref-vcredist-xxx-exe.html


それで,Win11 環境の c:\Windows\WinSxS\ の MFC80*.dll を見ると,それらしいものが見当たらない.
Win10 では …\WinSxS\ に存在する.
Win10 WinSxS x86 vc80 mfc
explorer で検索すると Win11 では ..\WinSxS\Fusion\ 以下になっている.
Win11 WinSxS\Fusion\ x86 vc80 mfc


WinSxS 以下のサイズ.
Win10 WinSxS
Win11 WinSxS


Is this 投稿 useful? Useful Useless 0 of 0 people say this 投稿 is useful.

.NET ZipFile C++/CLI

ZipFile クラスのサンプル を C++/CLI で.
Win32 コンソール AP としてプロジェクトを作成.
CPP を次の様に変更.

#include	<stdio.h>
#include	<tchar.h>

//	using	System;
//	using	System.IO.Compression;
#using  	<System.dll>
#using		<System.IO.Compression.FileSystem.dll>

//	class Program
//	{
//		static void Main(string[] args)
//		{

int _tmain(int argc, _TCHAR* argv[])
{
//			string  startPath	= @"./start";
//			string  zipPath  	= @"./result.zip";
//			string  extractPath	= @"./extract";
		System::String^	startPath	= _T("./start") ;
		System::String^	zipPath  	= _T("./result.zip") ;
		System::String^	extractPath	= _T("./extract") ;

//		                         ZipFile. CreateFromDirectory(startPath, zipPath);
		System::IO::Compression::ZipFile::CreateFromDirectory(startPath, zipPath);

//		                         ZipFile. ExtractToDirectory(zipPath, extractPath);
		System::IO::Compression::ZipFile::ExtractToDirectory(zipPath, extractPath);

	return 0;
	}

//			}
//		}

そのままビルドすると…

1>------ ビルド開始: プロジェクト: T_ZIP_C, 構成: Debug Win32 ------
1>  T_ZIP_C.cpp
1>d:\document\vs\vs\2012\t_clr\t_zip_c\t_zip_c.cpp(6): fatal error C1190: マネージ ターゲット コードには '/clr' が必要です。
========== ビルド: 0 正常終了、1 失敗、0 更新不要、0 スキップ ==========

fatal error C1190: マネージ ターゲット コードには '/clr' が必要です。
プロジェクトの設定で「/clr」に.

1>------ ビルド開始: プロジェクト: T_ZIP_C, 構成: Debug Win32 ------
1>  T_ZIP_C.cpp
1>T_ZIP_C.cpp(7): fatal error C1107: アセンブリ 'System.IO.Compression.FileSystem.dll' がみつかりませんでした: /AI または LIBPATH 環境変数を使用してアセンブリ検索パスを指定してください。
========== ビルド: 0 正常終了、1 失敗、3 更新不要、0 スキップ ==========

「追加の #using ディレクトリ」に dll の場所を指定して通る様にはなったが,これで良いかがわからない.
fatal error C1107: アセンブリ 'System.IO.Compression.FileSystem.dll' がみつかりませんでした:


ほとんど何も入っていない環境で実行すると,

---------------------------
T_ZIP_C.exe - システム エラー
---------------------------
MSVCR110.dll が見つからないため、コードの実行を続行できません。プログラムを再インストールすると、この問題が解決する可能性があります。 
---------------------------
OK   
---------------------------

MSVCR110.dll が見つからないため、コードの実行を続行できません。
VC 2013 や 2015 でビルドしたものも試してみたが,この環境では実行できなかった.
対応するものを入れる必要があるのか?
https://jml.mish.work/index.php/cpp/ref-vcredist-xxx-exe.html


zip_CLI.hxx

Is this 投稿 useful? Useful Useless 0 of 0 people say this 投稿 is useful.

.NET ZipFile C#

今まで Windows で zip を扱う部分で Shell を利用 してきた.
その時,存在は知っていたが,手を付けてなかった .NET を利用したものを調べることに…


サンプルは次の所にある.
ZipFile クラス
.NET Framework 4.5 以降なので VS 2012 で C# のプロジェクトを作成.
Program.cs をサンプルの様に変更してビルドすると…

1>------ ビルド開始: プロジェクト: T_ZIP, 構成: Debug Any CPU ------
1>D:\Document\VS\VS\2012\T_CLR\T_ZIP\Program.cs(12,9,12,16): error CS0103: 名前 'ZipFile' は現在のコンテキスト内に存在しません。
1>D:\Document\VS\VS\2012\T_CLR\T_ZIP\Program.cs(14,9,14,16): error CS0103: 名前 'ZipFile' は現在のコンテキスト内に存在しません。
========== ビルド: 0 正常終了、1 失敗、1 更新不要、0 スキップ ==========

ZipFile のビルドで error CS0103
そこにも書かれているが System.IO.Compression.FileSystem を追加する必要がある.
「 System.IO.Compression.FileSystem 」の追加
…\bin\…\start\ に,幾つかのファイルをコビー.
exe を実行すると,result.zip と …\extract\ 以下にファイルが解凍される.
再度実行する場合は result.zip と extract\ を削除する必要がある.
'result.zip' は既に存在します


ディレクトリ区切りの ‘\’ を ‘/’ に変更する必要があるが,Ubuntu でも同様に実行可能.
Ubuntu 環境で ZipFile クラスのサンプルを実行

Is this 投稿 useful? Useful Useless 0 of 0 people say this 投稿 is useful.

簡易 Web サーバ C++/CLI

先日の C# のコードから C++/CLI に書き直したものの 更新版
index.html の作成と,ContentType の設定,日本語ファイル名への対応など.

#ifdef		__cplusplus_cli
#using		<System.dll>
#using		<System.Web.dll>
#include	<vcclr.h>
#endif

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
#include	"S_Exec.hxx"
#include	"str_CLI.hxx"
#include	"filestat.hxx"
#include	"filepath.hxx"
#include	"ask_path.hxx"
#include	"itls_tmp.hxx"
#include	"textfile.hxx"
#include	"htmout.hxx"
#include	"stringfn.hxx"

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
struct	MIME_type	{
		LPCTSTR	FExt ;
		LPCTSTR	Type ;
		} ;

//	https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/HTTP/Basics_of_HTTP/MIME_types/Common_types
const	MIME_type	MIME_type_tbl[] =
		{
			_T("htm" ) ,	_T("text/html") ,
			_T("html") ,	_T("text/html") ,
			_T("txt" ) ,	_T("text/plain") ,
			_T("bmp" ) ,	_T("image/bmp") ,
			_T("jpeg") ,	_T("image/jpeg") ,
			_T("jpg" ) ,	_T("image/jpeg") ,
			_T("png" ) ,	_T("image/png") ,
			_T("svg" ) ,	_T("image/svg+xml") ,
			_T("bin" ) ,	_T("application/octet-stream") ,
			_T("pdf" ) ,	_T("application/pdf") ,
			_T("zip" ) ,	_T("application/zip") ,
			_T("   " ) ,	_T("") ,
			_T("\0"  ) ,	_T("") ,
			_T(""    ) ,	_T("") ,
		} ;

inline	tstring	get_MIME_type	(LPCTSTR ext_)
{
	tstring	type = _T("application/octet-stream") ;
	tstring	ext  = ::String_ToLower(ext_) ;
	if (ext.empty())	{
		return	type ;
		}
	const	MIME_type*	mm_ty = MIME_type_tbl ;
	{
		for (size_t index=0 ; index<countof(MIME_type_tbl) ; index++)
		{
			tstring	fext = mm_ty[index].FExt ;
			tstring	ftyp = mm_ty[index].Type ;
			if (fext.length() == 0)          	{	continue ;	}
			if (fext.length() != ext.length())	{	continue ;	}
			if (ext == fext)                	{
				return	mm_ty[index].Type ;
				}
			}
		}
	return	type ;
	}

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
inline	tstring	HT_Make_index_content	(c_tstring& fold)
{
	v_tstring	sub_folds = ::EnumFolders(fold.c_str()) ;
	v_tstring	htm_files = ::EnumFiles  (fold.c_str(),_T("*.htm*")) ;
	tstring		foldName  = ::Path_GetTitle(fold) ;
	tstring	htm_str ;
	{
		Xml_E	htm = HtmOut::html() ;
		{
			Xml_E	head(HTM_head) ;
			{
				head.AddChild(HtmOut::charset_UTF_8()) ;
				head.AddChild(HtmOut::meta_viewport()) ;
				head.AddChild(HtmOut::title(foldName)) ;
				}
			{
				head.AddChild(HtmOut::comment()) ;
				}
			htm.AddChild(head) ;
			}
		{
			Xml_E	body(HTM_body) ;
			{
				{
					body.AddChild(HtmOut::a_parent()) ;
					body.AddChild(HtmOut::hr()) ;
					}
				{
					for (size_t index=0 ; index<sub_folds.size() ; index++) {
						tstring	fold = sub_folds[index] ;
						       	fold = ::Path_DelLastSP(fold) ;
						Xml_E	a_fold = HtmOut::a(::Path_GetName(fold)+_T("/")) ;
						body.AddChild(a_fold) ;
						body.AddChild(HtmOut::br()) ;
						}
					body.AddChild(HtmOut::hr()) ;
					}
				{
					for (size_t index=0 ; index<htm_files.size() ; index++) {
						tstring	html = htm_files[index] ;
						Xml_E	a_html = HtmOut::a(::Path_GetName(html)) ;
						body.AddChild(a_html) ;
						body.AddChild(HtmOut::br()) ;
						}
					}
				}
			htm.AddChild(body) ;
			}
		htm_str = htm.ToText() ;
		}
	return	htm_str ;
	}

tstring		Make_index	(c_tstring& fold)
{
	tstring	result = ::HT_Make_index_content(fold) ;
	return	result ;
	}

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
bool	web_server	(c_tstring& fold,const u_16 port)
{
	tstring	root_ = fold ;
	tstring	port_ = ::To_tstring(port) ;
	tstring	pref_ = _T("http://127.0.0.1:")+port_+_T("/") ;
	System::String^	root	= ::to_gcString(root_) ;
	System::String^	prefix	= ::to_gcString(pref_) ;
	System::Console::WriteLine(prefix) ;
	System::Net::HttpListener^	listener = gcnew System::Net::HttpListener();
	listener->Prefixes->Add(prefix);
	listener->Start();
	while (true) {
		System::Net::HttpListenerContext^	context = listener->GetContext();
		System::Net::HttpListenerRequest^	req = context->Request;
		System::Net::HttpListenerResponse^	res = context->Response;
		System::String^	path = root + req->RawUrl->Replace("/", "\\");
		             	path = System::Web::HttpUtility::UrlDecode(path) ;
		{
			System::Console::WriteLine(req->RawUrl);
			System::Console::WriteLine(path) ;
			}
		if (System::IO::File::Exists(path)) {
			}
		if (System::IO::File::Exists(path)) {
			tstring	ext = ::Path_GetExtLow(::to_tstring(path)) ;
			array<System::Byte>^	content = System::IO::File::ReadAllBytes(path);
			res->ContentType = ::to_gcString(::get_MIME_type(ext.c_str())) ;
			res->OutputStream->Write(content, 0, content->Length);
			}
		else {
			tstring               	cnt_index = ::Make_index (::to_tstring(path)) ;
			array<System::Byte>^	content ;
			{
				static	long	i_count = 0 ;
				            	i_count++ ;
				tstring	tmp_path = ::Get_i_Tools_tmp_date() ;
				tstring	htm_name = ::To_tstring(port) + _T("_") + ::u32to0t(i_count,10,4) + _T(".htm") ;
				tstring	out_path = ::Path_AddLastSP(tmp_path) + htm_name ;
				::SaveUTF8(out_path.c_str(),cnt_index) ;
				content = System::IO::File::ReadAllBytes(::to_gcString(out_path.c_str())) ;
				}
			res->ContentType = ::to_gcString(::get_MIME_type(_T("htm"))) ;
			res->OutputStream->Write(content, 0, content->Length);
			}
		res->Close();
		}
	return	true ;
	}

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
bool	test	(c_tstring& str)
{
	tstring	fold = str ;
	{
		if (::File_IsDirectory(fold))	{	;                          	}
		else                        	{	fold = ::Path_GetDir(fold) ;	}
		}
	std::terr << fold << std::endl ;
	{
		u_16	tick = u_16(::GetTickCount()) ;
		u_16	port = u_16(50000 + (tick&0x1fff)) ;
		{
			tstring	port_ = ::To_tstring(port) ;
			tstring	pref_ = _T("http://127.0.0.1:")+port_+_T("/") ;
			S_Exec	se ;
			se.SetFile(pref_.c_str()) ;
			se.Execute() ;
			}
		::web_server(fold,port) ;
		}
	return	true ;
	}

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
int	_tmain	(int argc,_TCHAR* argv[])
{
	tstring	path ;
	{
		#ifdef	OFN_filter_All
			path = ::ask_path(false) ;
		//	path = ::ask_path(true) ;
		#else
			path = ::ask_cli(_T("folder ... ? =")) ;
		#endif
		}
	if (!path.empty()) {
		::test(path) ;
		}
	return 0;
	}

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
#include	"messbar.cxx"

* 幾つかのコードが揃っていないため,そのままではビルドできません.
簡易 Web サーバ   C++/CLI
https://jml.mish.work/index.php/i-tools/web-svr.html

Is this 投稿 useful? Useful Useless 0 of 0 people say this 投稿 is useful.

パッケージが最新版ではありません

昨日から「NAS 上のパッケージが最新版ではありません」のメールが…


NAS 上のパッケージが最新版ではありません


NAS 上で起動される1 個のパッケージが最新版ではありません。NAS で DSM にサインインして、パッケージ センターを開き、最新版のパッケージをインストールしてください。


その時は「パッケージ センター」に入っても更新版がない.今日の午前中も同様だった.
それで,それを記事として書き始めると「あった」.
SynoCli File Tools 2.7-19


パッケージによっては,通知とアップデートのダウンロードのタイミングがずれることがあるみたい.

Is this 投稿 useful? Useful Useless 0 of 0 people say this 投稿 is useful.

C# のコードを C++/CLI に

先日の「簡易 Web サーバ C#」のコードを C++ で.

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//	C# -> C++/CLI
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

#include <stdio.h>
#include <tchar.h>

//using	System;
//using	System.IO;
//using	System.Net;

#using  <System.dll>

bool	test	(void)
{
//
//	class SimpleWebServer
//	{
//		static void Main()
//		{
//			string		root = @"c:\wwwroot\";	// ドキュメント・ルート
//					root = @".\";
			System::String^	root = "./" ;
//			string		prefix = "http://*/";	// 受け付けるURL
//					prefix = "http://127.0.0.1:65432/" ;
			System::String^	prefix = "http://127.0.0.1:55555/" ;
//	
//			HttpListener 			listener = new HttpListener();
			System::Net::HttpListener^	listener = gcnew System::Net::HttpListener();
//			listener. Prefixes. Add(prefix);	// プレフィックスの登録
			listener->Prefixes->Add(prefix);
//			listener. Start();
			listener->Start();
//	
//			while (true) {
			while (true) {
//				HttpListenerContext			context = listener. GetContext();
				System::Net::HttpListenerContext^	context = listener->GetContext();
//				HttpListenerRequest			req = context. Request;
				System::Net::HttpListenerRequest^	req = context->Request;
//				HttpListenerResponse			res = context. Response;
				System::Net::HttpListenerResponse^	res = context->Response;
//	
//				Console.	 WriteLine(req. RawUrl);
				System::Console::WriteLine(req->RawUrl);
//	
//				// リクエストされたURLからファイルのパスを求める
//				string		path = root + req. RawUrl. Replace("/", "\\");
				System::String^	path = root + req->RawUrl->Replace("/", "\\");
//	
//				// ファイルが存在すればレスポンス・ストリームに書き出す
//				if (            File. Exists(path)) {
				if (System::IO::File::Exists(path)) {
//					byte[]			content =             File. ReadAllBytes(path);
					array<System::Byte>^	content = System::IO::File::ReadAllBytes(path);
//					res. OutputStream. Write(content, 0, content. Length);
					res->OutputStream->Write(content, 0, content->Length);
//					}
					}
//				res. Close();
				res->Close();
//				}
				}
//			}
//		}
//
	return	true ;
	}

int _tmain(int argc, _TCHAR* argv[])
{
	::test() ;
	return 0;
	}

Web サーバ   C++/CLI

Is this 投稿 useful? Useful Useless 0 of 0 people say this 投稿 is useful.