Iwao dev.mish

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

Synology NAS

DS116 entware

投稿日 by Iwao

localtime が正しく求められない ままの環境.
https://jml.mish.work/index.php/various/nas/synology-nas.html
ある程度 DS220+ に移行したので,SSH 接続環境の再設定.


CLI コマンドの導入.
DS220+ と同様
名前 :「SynoCommunity」
場所 :「https://packages.synocommunity.com/」
「SynoCli File Tools」をインストールして tree , mc , nano などを追加.
これで追加した tree は,localtime が正しく求められている.
DS116  tree -D


Entware のインストール.
Install on Synology NAS

Iwao@DS116:~$ sudo -i
Password:
root@DS116:~# mkdir -p /volume1/@Entware/opt
root@DS116:~# rm -rf /opt
root@DS116:~# mkdir /opt
root@DS116:~# mount -o bind "/volume1/@Entware/opt" /opt
root@DS116:~# uname -m
armv7l
root@DS116:~# wget -O - https://bin.entware.net/armv7sf-k3.2/installer/generic.sh | /bin/sh
--2022-06-15 14:51:04--  https://bin.entware.net/armv7sf-k3.2/installer/generic.sh

DS116  wget entware
ここまでで localtime はうまく求まる様になった.


タスクスケジューラの登録.
「作成」-「トリガーされたタスク」-「ユーザー指定のスクリプト」.
「Entware」「root」「ブートアップ」を指定.
「タスク設定」タブのスクリプトを記述するの所に,貼り付け.
NAS を再起動.


gcc のインストール.

Iwao@DS116:~$ sudo -i
root@DS116:~# opkg update
Downloading http://bin.entware.net/armv7sf-k3.2/Packages.gz
Updated list of available packages in /opt/var/opkg-lists/entware
root@DS116:~# opkg install gcc
Installing gcc (7.4.0-7) to root...

DS116  gcc インストール

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


DS220+ VMM Antivirus Essential

投稿日 by Iwao

今日,幾つかのファイルをバックアップ.
Antivirus Essential が動き出すと,全体的な反応が悪くなってしまう.
このサイトなど Web ページを開くこともうまくできない状態に.
他に動作しているものとしては Virtual Machine と MailPlus Server .
一度,仮想マシンを終了させて,スキャンが終わるまで待った.
DS220+   Antivirus Essential
仮想マシンに割り当てているメモリを 3 GB から 2560 MB に.
標準で実装されているメモリ 2 GB だけでは,速度に不満が残るのかもしれない.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


DS220+ HDD 追加

先日セットアップした DS220+ に HDD を追加.
ホットスワップ可能な機種だが,交換ではない場合の手順がよくわからないので,シャットダウンして HDD を挿入.
起動させるとうまく認識していない.もう一度シャットダウン.挿し方が甘かった.
今度は,ちゃんと DISK 2 の LED ランプも点いている.
「ストレージマネージャ」で見ると今度は表示されている.
DS220+ ディスク 2 「非初期化」
すぐに再構築されるのかと思ったが,そうではなさそう.
「利用可能なドライブの管理」でどの様な目的の追加なのかを指定するみたい.
DS220+  利用可能なドライブの管理
「ストレージ拡張用のドライブを追加する」と「ストレージプールの作成」のどちらかだと思うが…


「ストレージ拡張用のドライブを追加する」を選んで進めてみた.
リビルドと思われる動作になったのでこれで良いのだろうと思う.
DS220+ ストレージ マネージャ  ドライブを追加


2022/05/03
9 時間程かかった.
DS220+  ログセンター  expand
DS220+  リソースモニタ ディスク

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


DSM 7.1 に更新

Synology NAS の DSM 7.1 があったので更新.
更新に必要な時間は DS220+ で 30 分,DS116 は 1 時間程度.


DSM 起動後,幾つかのパッケージを更新.
DSM 7.1  Virtual Machine Manager の「修復」
DS116 の方は特に問題なさそう?
DS220+ は,Virtual Machine Manager の Win10 が起動できない.
Virtual Machine Manager メモリ不足
空きメモリが足りないみたいで,メモリの割り当てを 3 GB から 2560 MB に変更.


DSM 6 から 7 に あげた時ほどの問題はなさそう.細かな影響はこれから確認.


2022/04/29
テーマの問題かもしれないが,WordPress の表示がうまくない.
画像が表示されなかったり,スマートフォンでは背景とずれている.
DS220+  DSM 7.1  WordPress
http ではうまく表示されているが https だとうまくないみたい.


メモリの使用量は 6 時間程で落ち着いたみたい.
DSM 7.1  DS220+  メモリ使用量
DSM 7.1  DS116  メモリ使用量
仮想マシンの割り当ても 3 GB に戻してうまく起動することを確認.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


DS220+ Antivirus Essential

先日,多くのファイルをバックアップ.
DS220+ にバックアップ
週末の昼に HDD の音が気になった.
原因は Antivirus Essential .
メモリが足りないのか,スワップしていたみたいで,仮想マシン を停止.
その後 40 時間程度放置したが,あまり進んでいない.
DS220+  Antivirus Essential


NAS を再起動.
もう一度「フルスキャン」を実行すると,前回よりは速いか?
MailPlus Server も停止して様子見.


2022/04/19
最初のうちはそこそこ進んだ様に思うが,ある程度すると遅くなってしまう?
DS220+  Antivirus Essential

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


DS116 リバースプロキシ設定

別のことを調べていて「リバースプロキシ」というのを見つけた.
Synology NASにリバースプロキシを設定して他ホストのWebサーバを中継する


今までは,ポートで他の Web サーバに振り分けていた.
ポートマッピング
また mish.work を取ってからは,AAAA レコード でうまく使えてはいた.
https://dev.mish.work/wordpress/2022/01/24/nas-virtual-host-port/


リバースプロキシを使うともっと簡単になるみたい.
DSM 7 リバースプロキシ設定


2022/04/10
幾つかのサブドメインをリバースプロキシで設定.
https://jml.mish.work
https://dev.mish.work
https://test.mish.work
https://ts.mish.work
https://as.mish.work
https://ws.mish.work
証明書に関しては検索したがあまりいい情報が引っ掛からなかった.
いろいろ試したが,それぞれの NAS で取得したものをエクスポートして,DS116 でインポートした.


2022/04/11
他の NAS で取った証明書は,「証明書」タブの「設定」でサブドメインに合わせて選択する必要がある?
「証明書」-「設定」-「構成」


2022/05/04
DS220+ を,リバースプロキシのサーバとして設定.
ルータのポートフォワーディングの設定で切り替え可能な様にした.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


DS220+ PHP GD

DS220+ で PHP を動かすと,うまく動作しないものがある.
原因は「GD ライブラリ」を使用したものなどか動作していない.
「Web Station」-「スクリプト言語の設定」を「選択」.
「カスタマイズされたプロファイル」-「PHP 7.4」を「選択」して「編集」.
「拡張」タブを選択し「gd」に「チェック」,「保存」.
DS220+ PHP プロファイルを編集 gd
これでうまく動作する様になった.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


Synology MailPlus Server

以前 DS116 で Mail Server の設定を行った.
Synology MailPlus Server および Synology Mail Server の間の違いは何ですか?
DS220+ Synology MailPlus Server
今回の DS220+ は MailPlus Server も利用できるので,それをインストール.
DS220+ Synology MailPlus Server インストール
Synology MailPlus Server を開くと,セットアップが始まる.
Synology MailPlus Server セットアップ
あとはそのままで設定は完了.


Synology MailPlus をインストールして確認すると,メールが受信できている.
DS220+ Synology MailPlus
メールを受信するまでの範囲は,特に難しくはない.
あとは,セキュリティの設定と,配信など.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


「Jetpack を設定」でエラー

先日セットアップした DS220+ などでも WordPress の Jetpack がうまく設定できないでいた.
「Jetpack を設定」でエラー


探し方が悪いのか,検索をかけてもそれらしい情報がない(幾つか見つかるが該当しない).
WordPress 以下のファイルの違いなどを比べても,影響しそうな所はなそさう.


うまく機能している DS116 の環境と比べると…
一時的に,WAN から 80 ポートで DS220+ となる様にすることでうまくいった.
TS253D も同様で通ったが,AS5202T はうまくいかなかった.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


DS220+ セットアップ-6

LAN 内からは 192.168.xx.xx/wordpress/ などでアクセスできる様になった.
ASUSTOR NAS などでは,192.168.xx.xx:54321/wordpress/ などとしてアクセスできる.
同様に設定しているつもりだが,Synology NAS ではうまくいかない.
いろいろと弄っていて… WordPress や Joomla! にアクセスするための設定.


Synology NAS では「パッケージ サーバー ポータル」で設定するみたい.
「パッケージ サーバー ポータル」を選択
パッケージの選択.
パッケージの選択
ポートの指定.
ポートの指定
これで 192.168.xx.xx:65432 などとしてアクセスできる様になる.
ポートでのアクセス


但し,WordPress のそれぞれの記事にはこの設定だけでは対応できないみたい.Joomla! はうまくいく

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


DS220+ セットアップ-5

今度は Virtual Machine Manager .
DS220+  Virtual Machine Manager のインストール
Win10 の iso を NAS にコピーして,次の様な設定.
DS220+  Virtual Machine Manager  Win10
仮想マシンを選択して「電源オン」,「接続」.しばらくすると,
DS220+  Virtual Machine Manager  Win10 インストール
コピー後,再起動しての「準備しています」がすごくかかる.そして,また「再起動」.
あまり速度は期待できないかもしれない.



2022/03/18
NAS のシャットダウンや再起動時の動作の指定.
ホストのシャットダウン時の指定を「シャットダウン」または「停止」に.
NAS のシャットダウン時,仮想マシンを「シャットダウン」または「停止」に
NAS が起動した時の仮想マシンの動作の指定.
NAS が起動した時の仮想マシンの動作の指定


Synology DS720+ Virtual Machine Managerで仮想マシンを作成してみる

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


DS220+ セットアップ-4

前回の設定で PHP などが動作する様になったので,今度は opkg のインストール.


その前に,インストールしていない状態で,何か動作するかをチェック.
以前書いた,次のコード.

#include	"pref_ini.hxx"
#include	<iostream>
#include	"get_path.hxx"
#include	"i_Trace.hxx"

int	_tmain	(int argc,TCHAR* argv[])
{
	_tsetlocale(LC_ALL,_T("")) ;
	{
		std::tout <<::TGetEnv(_T("TEMP"))     	<< std::endl ;
		std::tout <<::TGetEnv(_T("USERNAME"))	<< std::endl ;
		std::tout <<::TGetEnv(_T("USER"))     	<< std::endl ;
		std::tout <<::TGetEnv(_T("HOMEPATH"))	<< std::endl ;
		}
	{
		tstring	iniPath = ::Path_AddLastSP(::GetCWD()) + _T("Test.ini") ;
		tstring	result = ::P_ini_Get(iniPath.c_str(),_T("Preference"),_T("server"),_T("")) ;
		std::tout << result << std::endl ;
		}
	return	0 ;
	}

以前コンパイルした a.out は動作した.
この頃はまだ他社 NAS の購入前なので,DS116 と,仮想マシンの Linux 環境で作成したものと思う.
他のものを幾つか試したが,ほとんど動作しない.

Iwao@DS220:~/gcc_test/Test/t_linux/t_mtime/t_m_time$ ./f.out
./f.out: /lib64/libc.so.6: version `GLIBC_2.33' not found (required by ./f.out)
./f.out: /lib64/libstdc++.so.6: version `GLIBCXX_3.4.29' not found (required by ./f.out)
Iwao@DS220:~/gcc_test/Test/t_linux/t_mtime/t_m_time$

以前 opkg のインストールは面倒だった と記憶している.
それで,新しい情報がないかと検索すると QNAP NAS と似た様なものがあった.
Packages for Synology NAS
Packages for Synology NAS
が,この中に Entware はなさそう?
更に検索すると,
Synology NAS DS213JへAria2をインストール
Community Package Hub
Community Package Hub
こちらの方かと思いやってみたが,エラーとなる.
DS220+   Easy Bootstrap Installer  エラー


結局以前と同じ方法で.
Install on Synology NAS

Iwao@DS220:~$ Iwao@DS220:~$ sudo -i
root@DS220:~# ll /opt
ls: cannot access '/opt': No such file or directory
root@DS220:~# mkdir -p /volume1/@Entware/opt
root@DS220:~# mkdir /opt
root@DS220:~# mount -o bind /volume1/@Entware/opt/ /opt
root@DS220:~# wget -O - https://bin.entware.net/x64-k3.2/installer/generic.sh | /bin/sh
Will not apply HSTS. The HSTS database must be a regular and non-world-writable file.

DS220+  wget -O - https://bin.entware.net/x64-k3.2/installer/generic.sh | /bin/sh
タスクスケジューラにスクリプトを登録.
DS220+ 自動起動のスクリプトの登録


NAS を再起動.
gcc のインストール.

Iwao@DS220:~$ Iwao@DS220:~$ sudo -i
root@DS220:~# opkg update
Downloading http://bin.entware.net/x64-k3.2/Packages.gz
Updated list of available packages in /opt/var/opkg-lists/entware
root@DS220:~# opkg install gcc
Installing gcc (7.4.0-7) to root...

root@DS220:~#

DS220+  gcc インストール


共通のコードなどをコピーするために,Cloud Sync の設定.
DS220+  Cloud Sync  Google Drive

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


DS220+ セットアップ-3

WordPress などは動作する様になったが,通常のページで PHP が動作していない?
html は表示できるが,php は「500 この要請を処理している間にエラーが発生しました。」のエラー.
DS220+ phpinfo  500 この要請を処理している間にエラーが発生しました。


以前 DS115j をセットアップ した時に,PHP のバージョンなどを指定できた.
DSM 6  Apache と PHP の指定
検索してもあまりうまく引っかからない.
Web Station をいろいろ弄っているとあった.
「Web サービス ポータル」で表示されるリストから「デフォルト サーバー」を選択すると「編集」できる様になる.
DSM 7  Web Station  PHP の指定
これで,php も動作する様になった.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


DS220+ セットアップ-2

「ユーザーホーム」の有効化.
DS220+ ユーザーホームの有効化


WordPress と Joomla! のインストールは,特に難しいことはない.
DS220  Joomla! アンインストール
Joomla! の DB のユーザ名で,どれを指定したわからなくなり,アンインストールして再度やり直した.


WordPress のプラグイン Jetpack を入れようとすると,バージョンが古くインストールできない.
QNAP NAS などに比べて Synology NAS の WordPress は古い(5.7.2)みたい.
DS220+ WordPress  Jetpack が対応していない
次の所を参考にさせてもらって,旧バージョンをインストール.
更新してしまったJetpackを元のバージョンに戻す方法
ダウンロード したものを \\(NAS)\web_packages\wordpress\wp-content\plugins にコピー.


このブログのインポートは 1 時間程度かかったが,途中で止まることもなかった.

WordPress のインポート
Iwao の新規ユーザを作成できませんでした。投稿は現在のユーザに関連付けられます。
amp_validation_error 502662b90c836da49548b5e05fa9600e のインポートに失敗しました
amp_validation_error 502a8ab7be5f543d09e0f9316dfcc1bf のインポートに失敗しました
amp_validation_error 74f0569466346207f7e684496a8f8abc のインポートに失敗しました
amp_validation_error 9205f42c3553044ef59556b331f72fa3 のインポートに失敗しました
amp_validation_error a23b7a8625ee5499036e0a944b77fb53 のインポートに失敗しました
“https://mish.myds.me/wordpress/dev/about/” をインポートできませんでした。投稿タイプ amp_validated_url が有効ではありません。
“https://mish.myds.me/wordpress/dev/2022/02/17/warning-c4995-gets-pragma/” をインポートできませんでした。投稿タイプ amp_validated_url が有効ではありません。
“https://mish.myds.me/wordpress/dev/2019/06/19/asus-rt-ac86u-ipsec-vpn/ac86u_ipsec_vpn_2022_02_20/” をインポートできませんでした。投稿タイプ amp_validated_url が有効ではありません。

すべて完了しました。 ではお楽しみください !

インポートしたユーザーのパスワードと権限を更新してください。

DS220+ WordPress インポート


2022/03/29
Joomla! の表示範囲の設定.
テンプレート: スタイルの編集 高度な設定 Fluid Layout

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


DS220+ セットアップ

ブラウザで「find.synology.com
DS220+ find.synology.com
「接続」をクリックして…
DS220+ Web Assistant
「設定」をクリックして,DSMを「今すぐインストール」.
DS220+  DSM インストール
しばらくすると,
DS220+  DSM 7.0 にようこそ


ボリュームの作成.
DS220+  ボリュームの作成
「SHR」で作成.
DS220+ ストレージ作成 設定の確認
ドライブのチェックはすぐ終わった.
DS220+ ストレージプールの作成 完了


以前のバージョンより少し面倒になった?



この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


Synology Mail Server

先日 ASUSTOR NASメール関係を設定した が,うまく動作しないので今度は Synology NAS で.
Web で検索する と MailPlus Server と Mail Server が見つかる.
が,DS116 には MailPlus Server はインストールできないみたい.
Synology Mail Server
Synology Mail Server は次の様な感じ.
Synology Mail Server SMTP 設定
他に POP3 を有効に.
ルータで ASUSTOR NAS へ転送していたものを Synology NAS に(ポートフォワーディングの設定).
Synology Mail Server 概要
ここまでは意外とすんなり.



メーラの設定はまだ完全にはわかってないが,何とか受信できることは確認できた.


直接は関係ないが,ドメインの情報を更新しようとして,確認後の「設定する」を行うとエラー.
お名前.com メンテナンス中のためエラー
メンテナンス情報 のへの入り方がわかり難い.
不要なメールが多いとは思っていたが,重要な情報が伝わりにくいのは如何なものか?
アナウンスのあった 1/26 18:00 頃まで更新できなかった.


2022/01/27
メールのデータは,それぞれのユーザの .Maildir 以下に存在しているみたい.

Iwao@DS116:~$ pwd
/var/services/homes/Iwao
Iwao@DS116:~$ tree .Maildir/
.Maildir/
├── cur
│   ├── 1643079743.M431357P3027.DS116,S=1201,W=1238:2,S
│   ├── 1643079976.M326882P4473.DS116,S=1005,W=1033:2,S
│   ├── 1643080038.M170836P5420.DS116,S=1192,W=1231:2,S
│   ├── 1643080114.M298271P5625.DS116,S=1038,W=1065:2,S
│   ├── 1643085691.M688765P22375.DS116,S=1238,W=1275:2,S
│   ├── 1643085822.M842535P22866.DS116,S=1246,W=1283:2,S
│   ├── 1643086897.M829597P27644.DS116,S=1239,W=1276:2,S
│   ├── 1643087608.M44210P30687.DS116,S=797,W=815:2,S
│   ├── 1643087691.M559494P31029.DS116,S=1238,W=1275:2,S
│   ├── 1643087805.M721122P31507.DS116,S=1247,W=1284:2,S
│   ├── 1643088000.M130631P32277.DS116,S=1230,W=1259:2,S
│   ├── 1643088239.M540466P7084.DS116,S=967,W=995:2,S
│   ├── 1643089198.M442878P23850.DS116,S=1813,W=1852:2,S
│   ├── 1643098555.M720684P30677.DS116,S=1360,W=1401:2,S
│   ├── 1643117771.M942067P12351.DS116,S=881,W=908:2,S
│   ├── 1643153388.M81263P4817.DS116,S=1348,W=1382:2,S
│   ├── 1643202594.M299954P12263.DS116,S=1207,W=1237:2,S
│   ├── 1643204390.M317273P22253.DS116,S=1283,W=1325:2,S
│   ├── 1643258521.M138648P15962.DS116,S=4419,W=4555:2,S
│   └── 1643258534.M602782P15995.DS116,S=5528,W=5694:2,S
├── dovecot.index.cache
├── dovecot.index.log
├── dovecot.list.index.log
├── dovecot-uidlist
├── dovecot-uidvalidity
├── dovecot-uidvalidity.61ef683f
├── maildirfolder
├── new
└── tmp

3 directories, 27 files
Iwao@DS116:~$

Synology NAS tree .Maildir

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


仮想ホストの設定 ポート

先日の設定 で LAN 内からそれぞれの NAS に振り分けられる様にはなったが,今度は WAN を含めたもの.


A レコードの設定.
A レコードの設定


Synology NAS
Synology NAS 仮想ホスト ポートの設定
「ポート」の設定で 54321 の様にポート番号を指定する.


ASUSTOR NAS
ASUSTOR NAS 仮想ホスト ポート番号
ポート番号 54322 を追加する.


QNAP NAS
QNAP NAS 仮想ホスト ポート番号の追加
ポート番号 54323 を追加.


これで LAN 内からは test1.mish.work:54321 の様にアクセス可能になる.


あとはルータでそれぞれのポートを通す必要がある.
次の様に振り分けることも可能.

if (hn == "test1.mish")	{	location.href = "http://test1.mish.work:54321/" ;	}
if (hn == "test2.mish")	{	location.href = "http://test2.mish.work:54322/" ;	}
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


NAS の仮想ホストの設定

LAN 内で NAS の特定のディレクトリに test1.mish.work の様にアクセスするための設定.


ドメインの AAAA レコードを設定する.
AAAA レコードの設定


Synology NAS
「Web Station」-「Web サービスポータル」の「作成」-「サービスポータルの作成」.
Synology NAS ポータルタイプを選択
「仮想ホスト」を選択.
Synology NAS 仮想ホストのセットアップ
ホスト名を test1.mish.work ,ドキュメントルートを NAS 上のあるディレクトリを指定.
これで LAN 内から test1.mish.work の様にアクセスできるようになる.


ASUSTOR NAS
「Web Center」-「仮想ホスト」の「追加」.
ASUSTOR NAS 仮想ホストの設定
ホスト名を test2.mish.work ,フォルダ名は NAS 上のあるディレクトリを指定.


QNAP NAS
「コントロールパネル」-「アプリケーション」-「Web サーバー」の「仮想ホスト」-「仮想ホストの作成」.
QNAP NAS 仮想ホストの設定
ホスト名を test3.mish.work ,ルートディレクトリは NAS 上のあるディレクトリを指定.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


コンソール AP での色

以前に NAS に SSH 接続した環境で,文字色などの変更 をやった.
確か DOS 時代に少し使った記憶があるが,コンソール AP で使ってみたいと思い調べてのメモ.


先ず,コマンドプロンプトでの動作から.
echo ^G
echo Ctrl+G   BEL
‘^G’ の入力は,「Ctrl」+「G」.
「Enter」すると,ブザー(BEL)が鳴る.
今度は,次の様なバイナリデータのファイルを用意しての表示.
ESC シーケンス バイナリデータ
それを type で表示する(Linux 環境などでは cat ).
type esc.txt
type esc.txt の結果
echo を使っての ‘ESC [‘ 入力がわからなかったが,いろいろ試すと「Ctrl」+「[」で入った.
echo ^[[103m
echo ^[[30m
echo ^[[103m    echo ^[[30m
最初わからなかったが,Linux 環境などでは
echo -e “\x1b[103m”
BEL の所に書いてあった.


以前試した時もそうだったと思うが,コマンドプロンプトでそのまま実行してもうまく機能しない.
またその頃はまだメインの開発機は Win7 だったこともありそれ以上は試していなかった.
以前の T_esc 2018 05 exe
一度ファイルにリダイレクトして type すると意図した動作になる.
Windows ESC CSI」で検索すると次の所が見つかる.
コンソールの仮想ターミナル シーケンス
ここを見ると ::SetConsoleModeENABLE_VIRTUAL_TERMINAL_PROCESSING を指定するとある.
それで次の様なコードで試すとうまくいった.

#ifdef		_WIN32
	#ifdef	ENABLE_PROCESSED_OUTPUT
		#ifndef	ENABLE_VIRTUAL_TERMINAL_PROCESSING
		#define	ENABLE_VIRTUAL_TERMINAL_PROCESSING	0x0004
		#endif
	#endif
#endif
//	...
{
//	...
	can_CSI = true ;
	#ifdef		_WIN32
		BOOL	can_ESC = FALSE ;
		#ifdef	ENABLE_PROCESSED_OUTPUT
			HANDLE	hout =	::GetStdHandle(STD_OUTPUT_HANDLE) ;
			DWORD	mode = 0 ;
					::GetConsoleMode(hout,&mode) ;
				mode|= ENABLE_VIRTUAL_TERMINAL_PROCESSING ;
			can_ESC =	::SetConsoleMode(hout, mode) ;
		#endif
		can_CSI = (can_ESC == TRUE) ;
	#endif
	if (change_bg) {
		if (can_CSI) {
			std::terr << _T("\x1b[107m") ;
			std::terr << _T("\x1b[30m") ;
			std::terr << _T("\x1b[0J") ;
		//	std::terr << _T("\x1b[;H") ;
			}
		}
//	...
	}

CSI.hxx
CSI クラスを使用したもの
ちょっとうまくない部分もある?が,何とか.


python だと

from ctypes import windll , wintypes , byref
kernel = windll.kernel32
hout = kernel.GetStdHandle(-11)
mode = wintypes.DWORD()
kernel.GetConsoleMode(hout,byref(mode))
mode.value |= 4
kernel.SetConsoleMode(hout,mode)
print ('\033[96m')

参考にさせてもらったところ.
第3章5 エスケープシーケンスで文字の色、背景の色を変更

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


DSM 7 と WordPress , Joomla!

2021/07 に Synology NAS の DSM を更新
WordPress は動作しているが Joomla! はうまくないまま.


今日 Maria DB と WordPress ,Joomla! の更新版があったので更新した.
DSM 7  WordPress
前回と同様 でうまく開かない.
WordPress のインストールされたところをみると .htaccess が存在しない.
以前バックアップしたものをコピー.
これで WordPress はうまく動作する様になった.
Joomla! の方は相変わらず.


2022/02
Joomla! は …/joomla/index.php/… の形式であれば問題ない.
そのため,直接参照している所に index.php/ を付加することで対応した.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。



top