IwaoDev

この画面は、簡易表示です

2022 / 10月

::GetDpiForWindow

投稿日 by Iwao

高 DPI 関連でいろいろと調べてみると ::GetDpiForWindow を使う必要がありそう.
ただ使えるのが Win10 1607 以降みたいで,その辺りをどうしたものか?


次の様に呼出せば 指定した hwnd の値が取れることは確認

	#if	(_MSC_VER >= 1900)
	{
		UINT	dpi = ::GetDpiForWindow(hwnd) ;
		std::terr << dpi << std::endl ;
		}
	#endif

ただ,旧 Windows では存在しないため実行時エラーになる.
そのため ::GetProcAddress利用した方法に

//	UINT	GetDpiForWindow ( [in] HWND hwnd ) ;
typedef	UINT	(WINAPI* P_GDFW)(HWND) ;

UINT	GetDPI	(HWND hwnd)
{
	UINT	dpi = 96/2 ;
	HMODULE	user32 = ::GetModuleHandle(TEXT("user32.dll")) ;
	P_GDFW	p_GetDpiForWindow = (P_GDFW)::GetProcAddress(user32,"GetDpiForWindow") ;
	if (p_GetDpiForWindow != NULL) {
		dpi = p_GetDpiForWindow(hwnd) ;
		}
	else {
		HDC	hdc = ::GetDC(hwnd) ;
		dpi = ::GetDeviceCaps(hdc,LOGPIXELSX) ;
		::ReleaseDC(hwnd,hdc) ;
		}
	return	dpi ;
	}

Win11 で「拡大/縮小」の値を変更したもの.
作成した ::GetDPI を利用した VC6  exe


解像度と DPI の関係が,まだうまく理解できていない.
::GetDpiForWindow は,指定した hwnd の DPI が取得できている.
::GetDeviceCaps では,プライマリの情報が取れる.
「非対応」の場合はスケーリングされた値,「モニターごと」の場合は 100% での値?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


buf = string ( buf.c_str () )

投稿日 by Iwao

先日の共通のコードでのバグ.

tstring	ask_cli	(LPCTSTR msg=_T(""))
{
	tstring	cli ;
	while(true)	{
		tstring	buf ;
		buf.resize(1000) ;
		std::terr << msg ;
		std::tin.getline(&buf[0],std::streamsize(buf.size())) ;
	//	buf = ::QuotM_Del_All(buf.c_str()) ;
		if      (buf == _T("q"))	{	break ;		}
		else if (buf == _T("Q"))	{	break ;		}
		if (buf.empty())         	{	continue ;	}
		cli = buf.c_str() ;
		break ;
		}
	return	cli ;
	}

ループを抜けるために “q” や “Q” と比較している部分が機能しない(break しない).
原因は “q\0\0\0…” と “q\0” を比べているため.
そのため,比較する前に次の様にするとうまく機能する.

{
	tstring	tmp = buf.c_str() ;
	buf = tmp ;
	}

MFC であれば CString::ReleaseBuffer(-1) が使えるが…
buf = tstring(buf.c_str()) とすることで対応.
buf = string ( buf.c_str() )


CString , std::string , …

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


::GetDeviceCaps(dc,HORZRES)

投稿日 by Iwao

先日のコード を利用して,Windows API の動作のテスト.


#include	<clocale>
#include	<iostream>

#include	"_tdefine.hxx"
#include	"cmd_line.hxx"
#include	"ask_cli.hxx"
//#include	"ask_path.hxx"

#include	<Windows.h>

bool	test	(c_tstring& str)
{
//	std::terr << str << std::endl ;
	HDC	dc = ::GetDC(NULL) ;
	if (dc != NULL) {
		int	hres = ::GetDeviceCaps(dc,HORZRES) ;
		int	vres = ::GetDeviceCaps(dc,VERTRES) ;
		std::terr
			<< _T("HORZRES=") << hres << _T("\t")
			<< _T("VERTRES=") << vres << _T("\t")
			<< std::endl ;
		}
	return	true ;
	}

int	_tmain	(int argc,TCHAR* argv[])
{
	_tsetlocale(LC_ALL,_T("")) ;
	{
		::reg_argv (argc,argv) ;
		}
	{
	//	::call_func(argc,argv) ;
		}
	{
		::test(_T("Test")) ;
		}
	::ask_wait() ;
	return	0 ;
	}

GetDeviceCaps HORZRES VERTRES


::GetDpiForWindow を追加して FHD と 4K 環境で実行.

bool	test	(c_tstring& str)
{
	HWND	hwnd = ::GetConsoleHwnd() ;
	{
		HDC	dc = ::GetDC(hwnd) ;
		if (dc != NULL) {
			int	hres = ::GetDeviceCaps(dc,HORZRES) ;
			int	vres = ::GetDeviceCaps(dc,VERTRES) ;
			std::terr
				<< _T("HORZRES=") << hres << _T("\t")
				<< _T("VERTRES=") << vres << _T("\t")
				<< std::endl ;
			}
		}
//	#ifdef	DPI_AWARENESS_UNAWARE
	{
		HWND	hwnd = ::GetConsoleHwnd() ;
		UINT	dpi = ::GetDpiForWindow(hwnd) ;
		std::terr << dpi << std::endl ;
		}
//	#endif
	return	true ;
	}

GetDpiForWindow

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


コンソール AP のための最初のコード

投稿日 by Iwao

API などをテストするために,個人的に使用している C++ のコード.

#include	<clocale>
#include	<iostream>

#include	"_tdefine.hxx"
#include	"cmd_line.hxx"
#include	"ask_cli.hxx"
//#include	"ask_path.hxx"

bool	test	(c_tstring& str)
{
	std::terr << str << std::endl ;
	return	true ;
	}

inline	bool	call_func	(int argc,TCHAR* argv[])
{
	if (argc > 1) {
		for (int index=1 ; index<argc ; index++) {
			tstring	av = argv[index] ;
			::test(av) ;
			}
		}
	else {
		while(true)	{
			tstring	path ;
			{
				#ifdef	OFN_filter_All
					path = ::ask_path(false) ;
				#else
					path = ::ask_cli(_T("file ... ? =")) ;
				#endif
				}
			if (path.empty())	{	break ;		}
			::test(path) ;
			}
		}
	return	true ;
	}

int	_tmain	(int argc,TCHAR* argv[])
{
	_tsetlocale(LC_ALL,_T("")) ;
	{
		::reg_argv (argc,argv) ;
		}
	{
		::call_func(argc,argv) ;
		}
	{
		::test(_T("Test")) ;
		}
	::ask_wait() ;
	return	0 ;
	}

//#include	"messbar.cxx"

インクルードしているファイルは cpp6_hxx.zip にある.
コンソール AP のための最初のコード
上のコードを test.cpp などとして保存し,同じ所に zip を展開.
g++ test.cpp などでコンパイル可能.


これらを使用したコード.
https://dev.mish.work/wordpress/?s=reg_argv

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


Win11 22H2

投稿日 by Iwao

昨日 Win11 環境に VS 2005 から 2022 をインストール
その後,幾つかのコードをビルドして動作を確認.


仮想環境の Win11 22H2 で,KB5019509 の更新があった.
幾つか試したいことができたので,ホストの Win11 も 22H2 にしたくなった.


次の所から入って 22H2 をインストール.
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows11/
1 時間程度かかった.


先日インストールした VC 6 を起動してみると…
うまく起動する.ビルドも問題なさそう.仮想マシンで動作していたのは 22H2 だったからか?
ステップ実行できない現象はあるが,何とか使える.
Win11 22H2 での VC 6


2022/10/23
ステップ実行した場合のメッセージが,仮想マシンと異なる.
Win11 22H2 VC6 ステップ実行後のメッセージ
仮想マシンは
—————————
Microsoft Visual C++
—————————
ハンドルされていない例外 は i3DV.exe (OLE32.DLL) にあります: 0xC0000005: Access Violation。
—————————
OK
—————————
ホストは
—————————
Microsoft Visual C++
—————————
OLE リモート呼び出しデバッグには管理者権限が必要です: この機能は使用できません。.
—————————
OK
—————————
Win10 VC6 OLE」で検索すると,次の所が見つかった.
Windows10でVC6を使いたい
どうも「ツール」-「オプション」-「デバッグ」の「OLE RPC デバッグ」のチェックを外す必要があるらしい.
VC6 「ツール」-「オプション」-「デバッグ」-「OLE RPC デバッグ」
チェックを外す操作は,一度「ジャスト イン タイム デバッグ」にチェックを入れてから操作する必要がある.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


RC4005: ‘IDR_MANIFEST’ : redefinition

投稿日 by Iwao

VC6 から順に更新してきたプロジェクトをビルドしていると,warning RC4005: ‘IDR_MANIFEST’ : redefinition .

...
6>------ ビルド開始: プロジェクト:ClipView, 構成:Debug Win32 ------
6>C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\VC\atlmfc\include\afxres.h(32): warning RC4005: 'IDR_MANIFEST' : redefinition
6>
6>  Clip140.vcxproj -> c:\Temp\MICSTool\ClipView\Debug.140\ClipView.exe
6>  Clip140.vcxproj -> c:\Temp\MICSTool\ClipView\Debug.140\ClipView.pdb (Full PDB)
========== ビルド: 6 正常終了、0 失敗、16 更新不要、0 スキップ ==========

resource.h を見ると,確かに IDR_MANIFEST が定義されている.
RC4005 IDR_MANIFEST redefinition
どのタイミングで追加したのかは覚えてないが,resource.h での定義は不要と思われるので削除.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


Win11 に VS 6 のインストール

投稿日 by Iwao

先日,Win11 環境に VS6 をインストールした.
手順は Win10 の時と同様 で,DB 関係が入らない様に
VB6 は起動した.
Win11 環境で VB6
が,VC6 は起動できない


昨日,Win10 上の仮想マシンの Win11 に VS6 と SP6 をインストール.
この時 VC 6 は起動可能で,ビルド,デバッグなども動作した.


今日,それを確認すると,デバッグができなくなっている.
全くできないわけではないが,ブレークするとその後がうまくない.
仮想マシン  Win11 の VC6 でデバッグ
何かが更新されて動作しなくなったのか?


Win11 上の仮想マシンとしての Win11 も,起動はできるがデバッグがうまくない.
Win10 の時もそうだったが,何かとの相性?


2022/10/18
以前使っていた WinXP の VHD があったので,それを Win11 上の仮想マシンとして追加.
最近使ってなかったので,いろいろと問題が…
SMB1 や mklink
なかなかいい運用が見つからない.


2022/10/23
22H2 に上げて 動作する様になった.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


Win11 に入っている MFC*.DLL

投稿日 by Iwao

先日手に入った Win11 には,予め幾つかの AP が入っていた.
その中には,MFC140u.dll などが入っていたので,改めて新規インストールした環境で調べてみた.
Win11 Pro
Win11 Pro に入っている MFC*.DLL
Win11 Ent
Win11 Ent に入っている MFC*.DLL
やはり MFC40 と MFC42 みたい.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


Win11 VHD

投稿日 by Iwao

新しく手に入った Win11 を VHD としてバックアップ.
Disk2vhd.exe で VHD に.
zip をダウンロードして解凍すると 3 つの exe になっている.x86,x64,arm で分かれた?
Disk2vhd v2.02 zip
使用する exe は disk2vhd64.exe .
Disk2vhd WIn11 C SYSTEM Recovery
ViritualBox 6.1.38 を Win11 環境にインストール.
先ず,以前とっておいた Win7 vhd 6.5 GB を起動させてみると,
VirtualBox STOP: 0x0000007B
これは,以前書いていて,今回追記した.
https://dev.mish.work/wordpress/2019/05/01/virtualbox-win7-vhd-0x0000007b/


バックアップした VHD で起動.
特に設定を変更していなかったので,起動にはかなりの時間(10 分程度)がかかった.
仮想マシンの Win11 を起動して VirtualBox Guest Additions  をインストール


今度は,仮想マシンに Win11 の iso を利用して OS のインストールから.
起動するとうまく動作しない.
Win11 iso を利用したインストールでうまくない
もう一度.次の表示が出ている時に何かのキーを押すと iso の読込みが始まる.
Press any key to boot from CD or DVD…
Win11 のインストールの開始
が,「この PC では Windows 11 を実行できません」.
この PC では Windows 11 を実行できません
戻って「コンピューターを修復する」を選択.
「コンピューターを修復する」
「トラブルシューティング」-「コマンドプロンプト」.
\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\LabConfig を作成して次のものを追加しなければならないらしい.
BypassTPMCheck と BypassSecureBootCheck で,値は DWORD 1 .
\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\LabConfig BypassTPMCheck BypassSecureBootCheck
レジストリエディタを終了して,コマンドプロンプトで setup.exe .
あとはいつも通り.


2022/10/06
「この PC では Windows 11 を実行できません」となった時の一般的に書かれている方法.
「Shift」+「F10」でコマンドプロンプトが表示される.
RegEdit を入力.
BypassTPMCheck と BypassSecureBootCheck の追加.
Win11 Shift+F10 Bypass...Check
レジストリエディタや「この PC では Windows 11 を実行できません」を閉じる.
「本当に終了しますか?」を「はい」で閉じる.
「今すぐインストール」の画面に戻り「今すぐインストール」で続ける.


これらのことをやっていて,ひょっとして今までメインで使用していた Win10 環境でも動くのでは?
CPU が i5-6400 で少し古いため動作対象外となっている.
Win10 の VirtualBox 上で Win11

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。



top