ホーム » 検索結果: uconv

検索結果: uconv

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ統計情報

  • 74,700 アクセス

日本語名ファイルのアップロード

次の所から日本語名のファイルをアップロードはできていたが,コードでの対応はうまくできていなかった.
https://itl.mish.work/…/upload.htm
そのため,アップロード時に 7 ビットのファイル名に変換することで対応していた.
これらのコードを書いたのは 3 年位前なので,その当時はまだよくわかっていなかった.
https://dev.mish.work/wordpress/2017/09/04/chttpfile-http-post/
またテクスチャファイル名などが日本語の場合はうまくいかないことも多かった.


最初,日本語名でそのままアップロードすると,いろいろ困った現象に…
PC から NAS 上のアップロード先のファイルが見えなくなってしまった.
一度スマートフォンの NAS 用のファイルマネージャから参照すると PC でも見えるようにはなった.
動作を見ると,サーバ側のコードは動作しているが,格納しているファイル名がうまく渡せていない.
ログなどを確認すると,デバッグ用 MBCS.exe でファイル名が「シフト JIS」のままになっていた.


送られるデータとしては次の所にあたる部分.
$_FILES[‘userfile’][‘name’]
これを UTF-8 にして渡す必要がある.
コードとしては次の所.

v_char	Make_send_data	(LPCTSTR upFile,LPCTSTR ___boundary)
{
	v_char	up_Data = v_c_Load(upFile) ;
	v_char	sndData ;
	{
		tstring	ct_boundary	=	___boundary ;
		tstring	file_img	=	::QuotM_Add(_T("file_img")) ;
		tstring	fileName	=	::QuotM_Add(::Path_GetName(upFile)) ;
		tstring	dataPre ;
		tstring	dataPst ;
		dataPre+=	CT_boundary__	+	ct_boundary	+			C_CRLF ;
		dataPre+=	CD_cd_f_d_n_	+	file_img	+	CD_cd__fn_	;
		dataPre+=				fileName	+			C_CRLF ;
		dataPre+=	CT_ct_a_o_s							C_CRLF ;
		dataPre+=									C_CRLF ;
		dataPst+=									C_CRLF ;
		dataPst+=	CT_boundary__	+	 ct_boundary	+	CT_boundary__	C_CRLF ;
	//	v_char	vc_pref = ::To_v_char(::To__string(dataPre.c_str())) ;
		v_char	vc_pref = ::To_v_char(::To_UTF8   (dataPre.c_str())) ;
		v_char	vc_post = ::To_v_char(::To__string(dataPst.c_str())) ;
		sndData.insert(sndData.end(),vc_pref.begin(),vc_pref.end()) ;
		sndData.insert(sndData.end(),up_Data.begin(),up_Data.end()) ;
		sndData.insert(sndData.end(),vc_post.begin(),vc_post.end()) ;
		}
	return	sndData ;
	}

To__string でそのまま char の配列としていたものを UTF-8 にしてから char の配列に.
UpFile.hxx アップロードするファイル名を UTF-8 に
UpFile.hxx
quotm.hxx


2020/09/08
今度はサーバ側のコード.
本当はクライアントの CInternetSession のコンストラクタで与える User Agent .
UTF-8 でセットすれば良いのはわかるが,引数が LPCTSTR なのでどうすれば良いかわからず.
そのためサーバ側のログを出力する部分でうまく機能しないことがある.
Synology NAS では,一部文字化けするが特に問題なさそう.
ASUSTOR NAS や QNAP NAS では,20200908.txt の読み込み時に止まっている様子.
次の様に //IGNORE を付加して変換.

iconv API は iconv_open(_T("UTF-8//IGNORE")) 
iconv -f CP932 -t UTF-8//IGNORE 20200908.txt >  20200908.uf8
uconv -f CP932 -t UTF-8 -i      20200908.txt -o 20200908.uf8
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

PHP から iconv コマンド呼び出し

シフトJIS のデータファイルをアップロードして WebGL で表示のテスト.
PHP から作成した .out を呼び出しているが,その中で文字コードの変換がうまく機能していない.
.out の中では iconv ライブラリを呼び出す.うまく機能しない時は iconv または uconv コマンド.
.out をコンソールから実行した時はうまく機能している.


いろいろと動作を調べていると,次の様なコマンドが PHP から呼出された時うまく機能していない様子.
iconv -f CP932 shiftjis.txt > out_file.txt
コンソールでは OK .
ここまで絞り込むのに 1 日かかった


今回の修正前 Synology NAS では次の様にしていた.
uconv -f sjis -t utf8 shiftjis.txt -o out_file.txt


先日テストしていた時 ASUSTOR NAS ではエラーになったので,単純に -t オプションを取ってしまった.

Iwao@AS5202T:/volume1/Web/Test/mics/tc_xconv $ iconv -f CP932 -t utf8 shiftjis.txt
iconv: conversion to utf8 unsupported
iconv: try 'iconv -l' to get the list of supported encodings
Iwao@AS5202T:/volume1/Web/Test/mics/tc_xconv $

iconv -l を幾つかの環境で調べていると “utf8” の指定がうまくない.
いろいろな環境でうまく機能しそうなのは “UTF-8” .
Fedora iconv -l | grep -i utf
Raspberry Pi iconv -l | grep -i utf
DS116 uconv -l | grep -i utf
AS5202T iconv -l | grep -i utf


-t オプションを指定しないとうまくないみたいで,次の様に変更.
iconv -f CP932 -t UTF-8 shiftjis.txt > out_file.txt
これで意図した動作になった.


2020/09/08 変換できない文字が存在した時に止まらない様な指定を追加.
https://mish.myds.me/wordpress/dev/2020/09/07/upload-mbcs-name/
exec_ic.hxx
text_gnc.hxx

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

ASUSTOR NAS 上の iconv , whois

ASUSTOR NAS の iconv は Fedora や Synology NAS uconv の -o(出力ファイルの指定)がない.

[Iwao@fedora ~]$ iconv --help
使用法: iconv [OPTION...] [FILE...]
与えられたファイルのエンコーディングをあるエンコーディングから別のエンコーディングに変換します。
 入力/出力形式の指定:
  -f, --from-code=NAME       元のテキストのエンコーディング
  -t, --to-code=NAME         出力用のエンコーディング
 情報:
  -l, --list
                             全ての既知の符号化された文字集合を一覧表示します
 出力制御:
  -c                         出力から無効な文字を取り除く
  -o, --output=FILE          出力ファイル
  -s, --silent               警告を抑制する
      --verbose              経過情報を表示する

  -?, --help                 このヘルプ一覧を表示する
      --usage                短い使用方法を表示する
  -V, --version              プログラムのバージョンを表示する
長い形式のオプションで必須または任意の引数は、それに対応する短い形式のオプションでも同様に必須または任意です。
For bug reporting instructions, please see:
.
[Iwao@fedora ~]$ iconv --version
iconv (GNU libc) 2.30
Copyright (C) 2019 Free Software Foundation, Inc.
This is free software; see the source for copying conditions.  There is NO
warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.
作者 Ulrich Drepper。
[Iwao@fedora ~]$ 
Iwao@AS5202T:/volume1/home/Iwao $ iconv --help
Usage: iconv [OPTION...] [-f ENCODING] [-t ENCODING] [INPUTFILE...]
or:    iconv -l
Converts text from one encoding to another encoding.
Options controlling the input and output format:
  -f ENCODING, --from-code=ENCODING
                              the encoding of the input
  -t ENCODING, --to-code=ENCODING
                              the encoding of the output
Options controlling conversion problems:
  -c                          discard unconvertible characters
  --unicode-subst=FORMATSTRING
                              substitution for unconvertible Unicode characters
  --byte-subst=FORMATSTRING   substitution for unconvertible bytes
  --widechar-subst=FORMATSTRING
                              substitution for unconvertible wide characters
Options controlling error output:
  -s, --silent                suppress error messages about conversion problems
Informative output:
  -l, --list                  list the supported encodings
  --help                      display this help and exit
  --version                   output version information and exit
Report bugs to .
Iwao@AS5202T:/volume1/home/Iwao $ iconv --version
iconv (GNU libiconv 1.14)
Copyright (C) 2000-2011 Free Software Foundation, Inc.
License GPLv3+: GNU GPL version 3 or later 
This is free software: you are free to change and redistribute it.
There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.
Written by Bruno Haible.
Iwao@AS5202T:/volume1/home/Iwao $

AS5202T iconv help
次の様にリダイレクトして指定すれば良い.
iconv -f CP932 sjis_file.txt > out_file.txt
他にも whois はサーバを指定しないとうまく機能しない?
whois -h whois.apnic.net 27.92.169….

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

漢字を含むソースのテスト – 2

前回のコードで,文字列の部分を #define で指定.

Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_2$ uconv -f SJIS cc_ml_2.cpp

#include        <clocale>
#include        <iostream>
#include        "i_define.hxx"
#include        "_tdefine.hxx"
#include        "ccc_mlg.hxx"

#define Name_1_         _T("Name_1")
#define Name_2_         _T("Name_2")
#define Name_3_         _T("Name_3")
#define Name_4_         _T("Name_4")
#define Name_5_         _T("Name_5")
#define Name_1J         _T("名称 1")
#define Name_2J         _T("名称 2")
#define Name_3J         _T("名称 3")
#define Name_4J         _T("名称 4")
#define Name_5J         _T("名称 5")

bool    test    (void)
{
        {
                ccc_mlg*        cm = ::get_ccc_mlg() ;
                {
                        ccc_mlg_1       cm_1 ;  cm_1.Name = Name_1_ ;   cm_1.JPN = Name_1J ;
                        ccc_mlg_1       cm_2 ;  cm_2.Name = Name_2_ ;   cm_2.JPN = Name_2J ;
                        ccc_mlg_1       cm_3 ;  cm_3.Name = Name_3_ ;   cm_3.JPN = Name_3J ;
                        ccc_mlg_1       cm_4 ;  cm_4.Name = Name_4_ ;   cm_4.JPN = Name_4J ;
                        ccc_mlg_1       cm_5 ;  cm_5.Name = Name_5_ ;   cm_5.JPN = Name_5J ;
                        cm->push_back(cm_1) ;
                        cm->push_back(cm_2) ;
                        cm->push_back(cm_3) ;
                        cm->push_back(cm_4) ;
                        cm->push_back(cm_5) ;
                        }
                std::tout << ccc("Name_2") << std::endl ;
                }
        return  true ;
        }

int _tmain(int argc, TCHAR* argv[])
{
        _tsetlocale(LC_ALL,_T("")) ;
        test() ;
        return 0 ;
        }

Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_2$ uconv -f SJIS cc_ml_2.cpp  > dd.cpp
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_2$ g++ dd.cpp -Wall
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_2$ ./a.out
名称 2
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_2$  

文字列の部分を #define で定義 Synology NAS 上でコンパイル


#define の部分を別のファイルとして保存.test_ccc.hpp
“㎥” を次の様に指定してみたが,Windows コンソール AP ではうまくいかない.

#define	Unit_M_				"Unit_M^3"
#ifdef	_MSC_VER
	#ifdef	_UNICODE
		#define	Unit_MJ		L"\x7acb "		L" \x33a5 "		L" \x7c73"
	#else
		#define	Unit_MJ		"立米"
	#endif
#else
		#define	Unit_MJ		"\xE3\x8E\xA5"
#endif

Synology NAS では OK .


文字コードを検索できるサイト
https://www.fileformat.info/info/unicode/char/search.htm


2020/01/20
Windows AP の場合のコードを少し変更.

	std::tout << ccc(Name_3_) << std::endl ;
	std::tout << ccc(Unit_M_) << std::endl ;
	tstring	ccc_str ;
	ccc_str += ccc(Name_3_) + _T("\r\n") ;
	ccc_str += ccc(Unit_M_) + _T("\r\n") ;
	::MessageBox(NULL,ccc_str.c_str(),_T("Test"),MB_OK) ;

「㎥」を含む ::MessageBox での表示
::MessageBox で意図した表示となることを確認.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

漢字を含むソースのテスト

’90 年代前半の頃は JIS と シフトJIS のソースを扱っていた.
そのプロジェクトの最初の頃は,ターゲット環境のみでソースを管理していた.
0x1c 0x2d 漢字 0x1c 0x2e の形式.wiki 漢字シフトコード
途中からソース管理は PC-9801DA などに移行してシフトJIS になった.
ターゲット環境に移す時,ソースのコピーとシフトJIS から JIS への変換を行っていた.


Linux 環境を意識し始めてから新規に書いた共通のコードは 7 ビットの範囲にしている.
Windows AP であれば rc ファイルの STRINGTABLE が使用できるが,これにあたるものをどうするか?
まず一番簡単な方法の漢字を含むソースでの動作をテストしてみた.
この中の ccc(const char* s) の部分はまだ暫定的なコードで,登録されたテーブルから対応する JPN を求めるもの.

#include	<clocale>
#include	<iostream>
#include	"i_define.hxx"
#include	"_tdefine.hxx"
#include	"ccc_mlg.hxx"

bool	test	(void)
{
	ccc_mlg*	cm = ::get_ccc_mlg() ;
	{
		ccc_mlg_1	cm_1 ;	cm_1.Name = _T("Name_1") ;	cm_1.JPN = _T("名称 1") ;
		ccc_mlg_1	cm_2 ;	cm_2.Name = _T("Name_2") ;	cm_2.JPN = _T("名称 2") ;
		ccc_mlg_1	cm_3 ;	cm_3.Name = _T("Name_3") ;	cm_3.JPN = _T("名称 3") ;
		ccc_mlg_1	cm_4 ;	cm_4.Name = _T("Name_4") ;	cm_4.JPN = _T("名称 4") ;
		ccc_mlg_1	cm_5 ;	cm_5.Name = _T("Name_5") ;	cm_5.JPN = _T("名称 5") ;
		cm->push_back(cm_1) ;
		cm->push_back(cm_2) ;
		cm->push_back(cm_3) ;
		cm->push_back(cm_4) ;
		cm->push_back(cm_5) ;
		}
	std::tout << ccc("Name_3") << std::endl ;
	return	true ;
	}

int _tmain(int argc, TCHAR* argv[])
{
	_tsetlocale(LC_ALL,_T("")) ;
	test() ;
	return 0 ;
	}

gcc 漢字 shiftjis」で検索すると -finput-charset で文字コードを指定できるとある.

pi@raspberrypi:~/projects/cc_ml_1 $ g++ cc_ml_1.cpp 
pi@raspberrypi:~/projects/cc_ml_1 $ ./a.out 
���� 3
pi@raspberrypi:~/projects/cc_ml_1 $ g++ -finput-charset=SJIS-WIN cc_ml_1.cpp 
pi@raspberrypi:~/projects/cc_ml_1 $ ./a.out 
名称 3
pi@raspberrypi:~/projects/cc_ml_1 $ 

g++ -finput-charset=SJIS-WIN
-finput-charset=SJIS ではよくわからないエラーになる.
g++ -finput-charset=SJIS
cp932 でも良さそう.


Synology NAS DS116 は g++ の-finput-charset の指定では変換できないみたい.

Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$ g++ cc_ml_1.cpp -Wall
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$ ll
total 72
drwxrwxrwx+  3 Iwao users  4096 Jan 16 22:01 .
drwxrwxrwx+ 10 Iwao users  4096 Jan 16 21:36 ..
-rwxrwxrwx   1 Iwao users 50452 Jan 16 22:01 a.out
drwxrwxrwx+  2 Iwao users  4096 Jan 16 21:53 bak
-rwxrwxrwx+  1 Iwao users  2001 Jan 16 22:00 cc_ml_1.cpp
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$ ./a.out
 3
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$ uconv -f sjis cc_ml_1.cpp > dd.cpp
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$ g++ dd.cpp
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$ ./a.out
名称 3
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$ g++ -finput-charset=SJIS cc_ml_1.cpp
cc1plus: error: conversion from SJIS to UTF-8 not supported by iconv
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$ g++ -finput-charset=sjis cc_ml_1.cpp
cc1plus: error: conversion from sjis to UTF-8 not supported by iconv
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$ iconv
-sh: iconv: command not found
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Linux 文字コード変換のコード

iconv を使用した方法

std::string	SJIS_to_UTF8	(const std::string& sj_str)
{
	tstring	u8_str ;
	iconv_t	icd = ::iconv_open("UTF8","Shift_JIS") ;
	if (icd == (iconv_t)-1) {
		u8_str = ::iconv_SJIS_UTF8(sj_str) ;
		}
	else {
		{
			size_t	sj_size = sj_str.length() ;
			size_t	u8_size = sj_str.length()*3 + 1024 ;
			u8_str.resize(u8_size) ;
			char*	sj_ptr = (char*)(&sj_str[0]) ;
			char*	u8_ptr = (char*)(&u8_str[0]) ;
			::iconv(icd,&sj_ptr,&sj_size,&u8_ptr,&u8_size) ;
			}
		::iconv_close(icd) ;
		}
	return	u8_str.c_str() ;
	}

iconv,uconv の部分

#define	cmd_iconv		_T("iconv")		//	linux
#define	cmd_uconv		_T("uconv")		//	DS116
 
bool	exec_x_conv	(const tstring& s_j_name,const tstring& u_8_name)
{
	tstring	sj_name = ::QuotM_Add_Auto(s_j_name) ;
	tstring	u8_name = ::QuotM_Add_Auto(u_8_name) ;
	tstring	param = _T(" -f sjis -t utf8 ") + sj_name + _T(" -o ") + u8_name ;
	if (::which( cmd_iconv)) {
		tstring	 exe_iconv = cmd_iconv	_T(" ") + param ;
		_tsystem(exe_iconv.c_str()) ;
		return	true ;
		}
	if (::which( cmd_uconv)) {
		tstring	 exe_uconv = cmd_uconv	_T(" ") + param ;
		_tsystem(exe_uconv.c_str()) ;
		return	true ;
		}
	return	false ;
	}
 
std::string	iconv_SJIS_UTF8(const std::string& sj_str)
{
	tstring	tmp_path = ::Get_i_Tools_tmp_date() ;
	tstring	now_str  = ::Now_Format(_T("%M%S")) ;
	tstring	s_j_name = ::Path_AddLastSP(tmp_path) + _T("sj_") + now_str + _T(".txt") ;
	tstring	u_8_name = ::Path_AddLastSP(tmp_path) + _T("u8_") + now_str + _T(".txt") ;
		s_j_name = ::CreateUniqueEmpty(s_j_name.c_str()) ;
		u_8_name = ::CreateUniqueEmpty(u_8_name.c_str()) ;
	std::string	u8_str ;
	{
		v_char	v_c_u8 ;
		v_char	v_c_sj = ::To_v_char(sj_str.c_str()) ;
				 ::v_c_SaveText(s_j_name.c_str(),v_c_sj) ;
		{
				 ::exec_x_conv(s_j_name,u_8_name) ;
			}
		v_c_u8 = ::v_c_Load (u_8_name.c_str()) ;
		u8_str = ::To_tstring( v_c_u8   ).c_str() ;
		}
	return	u8_str.c_str() ;
	}

Fedora  iconv コマンドでの変換


うまく置き換わっていない文字があった.
‘~'(0x7e) が ‘‾'(0x203e) になってしまっていた.
他にも ‘\'(0x5c) が ‘¥'(0xa5) .
http://ossforum.jp/jossfiles/Linux_SJIS_Support.pdf
幾つか違う文字があるようで,iconv の -f sjis を SJIS-WIN でうまくいった.

	tstring	i_param = _T(" -f SJIS-WIN -t utf8 ") + sj_name + _T(" -o ") + u8_name ;
	tstring	u_param = _T(" -f sjis     -t utf8 ") + sj_name + _T(" -o ") + u8_name ;

2020/04/30 ASUSTOR NAS に対応
text_gnc.hxx exec_ic.hxx

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Linux で文字コードの変換

Windows での文字コードの変換部分は MultiByteToWideChar,WideCharToMultiByte でうまく機能している.

 exe \ 入力 シフトJIS UTF-16 UTF-8
_UNICODE → WideChar そのまま → WideChar(CP_UTF8)
_MBCS そのまま → MultiByte → WideChar(CP_UTF8) → MultiByte

MultiByteToWideCharWideCharToMultiByte の使い方は C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 12.0\VC\crt\src\ などの mbstowcs.c,wcstombs.c を参照.


MSDN で見つけた記事
C++ – STL の文字列クラスと Win32 API による Unicode エンコーディングの変換


Linux 環境での動作は 2014/03 に一度調べていたみたいで ” gcc iconv ” とコメントになっている.
それで https://ja.wikipedia.org/wiki/Iconv にあるコードを Raspberry Pi 環境で実行するとうまく変換できる.
コンパイルエラーになったので string.h のインクルードが必要かも?
同じコードを Synology NAS の DS116 でコンパイルして実行するとうまく動作しない
(そのままのコードでは止まってしまう).
iconv_open で (iconv_t)-1 が返されていて errno は EINVAL になってしまう.


iconv コマンドを試すと Raspberry Pi では OK .
Synology NAS は iconv が存在しない.
検索すると uconv が使えると書かれている.
https://forum.synology.com/enu/viewtopic.php?t=82591


Iwao@DS116:~$ uconv -L
ASCII-Latin Accents-Any Amharic-Latin/BGN Any-Accents Any-Publishing Arabic-Latin Arabic-Latin/BGN Armenian-Latin Armenian-Latin/BGN Azerbaijani-Latin/BGN Belarusian-Latin/BGN Bengali-Devanagari Bengali-Gujarati Bengali-Gurmukhi Bengali-Kannada Bengali-Latin Bengali-Malayalam Bengali-Oriya Bengali-Tamil Bengali-Telugu Bopomofo-Latin Bulgarian-Latin/BGN Cyrillic-Latin Devanagari-Bengali Devanagari-Gujarati Devanagari-Gurmukhi Devanagari-Kannada Devanagari-Latin Devanagari-Malayalam Devanagari-Oriya Devanagari-Tamil Devanagari-Telugu Digit-Tone Fullwidth-Halfwidth Georgian-Latin Georgian-Latin/BGN Greek-Latin Greek-Latin/BGN Greek-Latin/UNGEGN Gujarati-Bengali Gujarati-Devanagari Gujarati-Gurmukhi Gujarati-Kannada Gujarati-Latin Gujarati-Malayalam Gujarati-Oriya Gujarati-Tamil Gujarati-Telugu Gurmukhi-Bengali Gurmukhi-Devanagari Gurmukhi-Gujarati Gurmukhi-Kannada Gurmukhi-Latin Gurmukhi-Malayalam Gurmukhi-Oriya Gurmukhi-Tamil Gurmukhi-Telugu Halfwidth-Fullwidth Han-Latin Han-Latin/Names Hangul-Latin Hans-Hant Hant-Hans Hebrew-Latin Hebrew-Latin/BGN Hiragana-Katakana Hiragana-Latin IPA-XSampa Jamo-Latin Kannada-Bengali Kannada-Devanagari Kannada-Gujarati Kannada-Gurmukhi Kannada-Latin Kannada-Malayalam Kannada-Oriya Kannada-Tamil Kannada-Telugu Katakana-Hiragana Katakana-Latin Katakana-Latin/BGN Kazakh-Latin/BGN Kirghiz-Latin/BGN Korean-Latin/BGN Latin-ASCII Latin-Arabic Latin-Armenian Latin-Bengali Latin-Bopomofo Latin-Cyrillic Latin-Devanagari Latin-Georgian Latin-Greek Latin-Greek/UNGEGN Latin-Gujarati Latin-Gurmukhi Latin-Hangul Latin-Hebrew Latin-Hiragana Latin-Jamo Latin-Kannada Latin-Katakana Latin-Malayalam Latin-NumericPinyin Latin-Oriya Latin-Syriac Latin-Tamil Latin-Telugu Latin-Thaana Latin-Thai Macedonian-Latin/BGN Malayalam-Bengali Malayalam-Devanagari Malayalam-Gujarati Malayalam-Gurmukhi Malayalam-Kannada Malayalam-Latin Malayalam-Oriya Malayalam-Tamil Malayalam-Telugu Maldivian-Latin/BGN Mongolian-Latin/BGN NumericPinyin-Latin NumericPinyin-Pinyin Oriya-Bengali Oriya-Devanagari Oriya-Gujarati Oriya-Gurmukhi Oriya-Kannada Oriya-Latin Oriya-Malayalam Oriya-Tamil Oriya-Telugu Pashto-Latin/BGN Persian-Latin/BGN Pinyin-NumericPinyin Publishing-Any Russian-Latin/BGN Serbian-Latin/BGN Simplified-Traditional Syriac-Latin Tamil-Bengali Tamil-Devanagari Tamil-Gujarati Tamil-Gurmukhi Tamil-Kannada Tamil-Latin Tamil-Malayalam Tamil-Oriya Tamil-Telugu Telugu-Bengali Telugu-Devanagari Telugu-Gujarati Telugu-Gurmukhi Telugu-Kannada Telugu-Latin Telugu-Malayalam Telugu-Oriya Telugu-Tamil Thaana-Latin Thai-Latin Tone-Digit Traditional-Simplified Turkmen-Latin/BGN Ukrainian-Latin/BGN Uzbek-Latin/BGN XSampa-IPA am-am_FONIPA az-Lower az-Title az-Upper ch-ch_FONIPA cs-cs_FONIPA cs-ja cs-ko cs_FONIPA-ja cs_FONIPA-ko dsb-dsb_FONIPA el-Lower el-Title el-Upper eo-eo_FONIPA es-am es-es_FONIPA es-ja es-zh es_419-ja es_419-zh es_FONIPA-am es_FONIPA-es_419_FONIPA es_FONIPA-ja es_FONIPA-zh ia-ia_FONIPA it-am it-ja ja_Latn-ko ja_Latn-ru ky-ky_FONIPA la-la_FONIPA lt-Lower lt-Title lt-Upper nl-Title pl-ja pl-pl_FONIPA pl_FONIPA-ja ro-ja ro-ro_FONIPA ro_FONIPA-ja ru-ja ru-zh sk-ja sk-sk_FONIPA sk_FONIPA-ja tlh-tlh_FONIPA tr-Lower tr-Title tr-Upper uz_Cyrl-uz_Latn uz_Latn-uz_Cyrl yo-yo_BJ zh_Latn_PINYIN-ru Any-Null Any-Lower Any-Upper Any-Title Any-Name Name-Any Any-Remove Any-Hex/Unicode Any-Hex/Java Any-Hex/C Any-Hex/XML Any-Hex/XML10 Any-Hex/Perl Any-Hex Hex-Any/Unicode Hex-Any/Java Hex-Any/C Hex-Any/XML Hex-Any/XML10 Hex-Any/Perl Hex-Any Any-NFC Any-NFKC Any-NFD Any-NFKD Any-FCD Any-FCC Any-ch_FONIPA Any-Latin Any-Telugu Any-Gurmukhi Any-Gujarati Any-Malayalam Any-Oriya Any-Devanagari Any-Kannada Any-Tamil Any-cs_FONIPA Any-ru Any-Bengali Any-uz_Latn Any-Katakana Any-ro_FONIPA Any-ky_FONIPA Any-zh Any-yo_BJ Any-am Any-es_419_FONIPA Any-eo_FONIPA Any-es_FONIPA Any-sk_FONIPA Any-Hant Any-Hans Any-Hiragana Any-la_FONIPA Any-Syriac Any-Greek Any-Greek/UNGEGN Any-Cyrillic Any-Hangul Any-Bopomofo Any-Arabic Any-Thai Any-Armenian Any-Thaana Any-Georgian Any-Hebrew Any-am_FONIPA Any-dsb_FONIPA Any-ia_FONIPA Any-uz_Cyrl Any-pl_FONIPA
Iwao@DS116:~$
DS116 で uconv -L


iconv_open で失敗した場合,iconv コマンドまたは uconv コマンドとするか?


Linux 文字コード変換のコード


2022/07/15
SynoCli File Tools v2.6-16 で iconv が追加された.
SynoCli File Tools などのインストール方法は次の所に書いています.
https://dev.mish.work/wordpress/2022/06/15/ds116-entware/

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。