ホーム » 2023 » 10月

月別アーカイブ: 10月 2023

2023年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ統計情報

  • 74,854 アクセス

::bezier(ps,p1,p2,pe)

::bezier に与えている分割数.

	Vd2	ps(0.0,0) ;
	Vd2	p1(0.0,1) ;
	Vd2	p2(1.0,1) ;
	Vd2	pe(1.0,0) ;
	Vd2	pm = (p1+p2)/2 ;
	vv_PLF	vvplf ;
	for (long dv=1 ; dv<10 ; dv++) {
		v_PLF	v_plf ;
		Vd2A	bz2 = ::bezier(ps, pm , pe,dv+1) ;
		Vd2A	bz3 = ::bezier(ps,p1,p2,pe,dv+1) ;
		Vd3A	b23 = ::ToVd3A(bz2) ;
		Vd3A	b33 = ::ToVd3A(bz3) ;
		PLF	plf_2(PLF::line,::ToVd4A(b23)) ;
		PLF	plf_3(PLF::line,::ToVd4A(b33)) ;
		v_plf.push_back(plf_2) ;
		v_plf.push_back(plf_3) ;
		vvplf.push_back(v_plf) ;
		}

::besier の分割数
分割数の最小値を 4 としていたが,データによっては大きくなりすぎるため 2 に変更.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

@MS PGothic の高さ方向の間隔

以前から気になっていたことだが,文字列を縦書きにした時重なってしまうことがある.
「@MS Pゴシック」での () () 高さ指定なし
文字ごとに ::GetGlyphOutline を呼出して,位置をずらしている( += gm.gmCellIncX ).


gmptGlyphOrigin を使えばよいのかもしれないが,テストした限りではうまくできなかった.
更にいろいろと試していると,LOGFONT の文字の高さを 23 より大きくするとうまくいく.
@MS Pゴシック」での () () 高さ 23
また,他のプロポーショナルフォントではうまくいくものもが多い.
@Meiryo UI

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

::IsFontInstalled (LPCTSTR pszFace)

EnumFont… を調べていて,::IsFontInstalled を見つけた.
MFC 6 位に追加されたみたいだが,static 宣言されている.
VC 6 RTM では存在していなさそう.
正確なタイミングはわからないが,VC 6 SP6 には存在していて …\MFC\SRC\CCDATA.CPP にある,
IsFontInstalled
フォントがインストールされているかのチェックに利用できそうなので,関数として定義予定.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

CComboBox Get…Text() ?

CComboBox の選択項目の取得には GetLBText がある.
が,エディットボックス部分の取得方法がそこには書かれていない?
検索しても,あまりうまく引っかからない.


::GetWindowText(m_CtrlComboBox.GetSafeHwnd(),…) でいけそうなことは確認した.
Spy++ で見ると,エディットボックスの部分は「子ウィンドウ」になっている?


いろいろと調べると次の様なものもあり.
WindowsX.h
#define ComboBox_GetText(hwndCtl, lpch, cchMax) GetWindowText((hwndCtl), (lpch), (cchMax))


CComboBox の DDX_CBString を追加して,デバッガで追いかけると,::GetWindowText を呼出している.
DDX_CBString


MFC による Windows 95 プログラミングの 358 ページに次の様にあった.
コンボボックスの操作
… CWnd から継承している GetWIndowText,SetWindowText 関数は,予想通り,エディットコントロール内のテキストを取得,設定する.


MFC だと次の様にできる.
CString str ;
m_CtrlComboBox.GetWindowText(str) ;

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

EnumFontFam…Proc

CALLBACK で呼び出されたものを FontType で分類して文字列の配列に登録.

#include	<Windows.h>

class	EnumFont	{
public:
	static	int	CALLBACK	CB_EnumFontFam		(const ENUMLOGFONT*   lpelf_,const NEWTEXTMETRIC*   lpntm_,DWORD font_type,LPARAM lparam) ;
	static	int	CALLBACK	CB_EnumFontFamEx	(const ENUMLOGFONTEX* lpelfe,const NEWTEXTMETRICEX* lpntme,DWORD font_type,LPARAM lparam) ;
protected:
public:
	v_tstring	Font_________ ;		//	0
	v_tstring	Font_raster__ ;		//	1	RASTER_FONTTYPE
	v_tstring	Font_device__ ;		//	2	DEVICE_FONTTYPE
	v_tstring	Font_truetype ;		//	4	TRUETYPE_FONTTYPE
	} ;

inline	int	CALLBACK	EnumFont::CB_EnumFontFam	(const ENUMLOGFONT*   lpelf_,const NEWTEXTMETRIC*   lpntm_,DWORD font_type,LPARAM p_this)
{
	const	LOGFONT&	lf = lpelf_->elfLogFont ;
	EnumFont*	pthis = (EnumFont*)p_this ;
	if      (font_type & RASTER_FONTTYPE)	{	pthis->Font_raster__.push_back(lf.lfFaceName) ;		}
	else if (font_type & TRUETYPE_FONTTYPE)	{	pthis->Font_truetype.push_back(lf.lfFaceName) ;		}
	else if (font_type & DEVICE_FONTTYPE)	{	pthis->Font_device__.push_back(lf.lfFaceName) ;		}
	else                                    	{	pthis->Font_________.push_back(lf.lfFaceName) ;		}
	return	1 ;
	}

inline	int	CALLBACK	EnumFont::CB_EnumFontFamEx	(const ENUMLOGFONTEX* lpelfe,const NEWTEXTMETRICEX* lpntme,DWORD font_type,LPARAM p_this)
{
	const	LOGFONT&	lf = lpelfe->elfLogFont ;
	EnumFont*	pthis = (EnumFont*)p_this ;
	if      (font_type & RASTER_FONTTYPE)	{	pthis->Font_raster__.push_back(lf.lfFaceName) ;		}
	else if (font_type & TRUETYPE_FONTTYPE)	{	pthis->Font_truetype.push_back(lf.lfFaceName) ;		}
	else if (font_type & DEVICE_FONTTYPE)	{	pthis->Font_device__.push_back(lf.lfFaceName) ;		}
	else                                    	{	pthis->Font_________.push_back(lf.lfFaceName) ;		}
	return	1 ;
	}

次の様に呼出し.

bool	test	(void)
{
	HWND	hWnd = ::GetConsoleWindow() ;
	HDC	hdc = ::GetDC(hWnd);
	{
		EnumFont	ef_ ;
		EnumFont	efe ;
		{
			::EnumFontFamilies  (hdc,NULL,(FONTENUMPROC)EnumFont::CB_EnumFontFam,  (LPARAM)&ef_) ;
			::EnumFontFamiliesEx(hdc,NULL,(FONTENUMPROC)EnumFont::CB_EnumFontFamEx,(LPARAM)&efe,0) ;
			}
		{
			tstring	tmp_path = ::Get_i_Tools_tmp_date() ;
			tstring	fet_name = ::Path_AddLastSP(tmp_path) + ::Now_Format(_T("%H%M%S")) + _T("_ffe_t.txt") ;
			tstring	fer_name = ::Path_AddLastSP(tmp_path) + ::Now_Format(_T("%H%M%S")) + _T("_ffe_r.txt") ;
			tstring	fed_name = ::Path_AddLastSP(tmp_path) + ::Now_Format(_T("%H%M%S")) + _T("_ffe_d.txt") ;
			tstring	fe__name = ::Path_AddLastSP(tmp_path) + ::Now_Format(_T("%H%M%S")) + _T("_ffe__.txt") ;
			tstring	f_t_name = ::Path_AddLastSP(tmp_path) + ::Now_Format(_T("%H%M%S")) + _T("_ff__t.txt") ;
			tstring	f_r_name = ::Path_AddLastSP(tmp_path) + ::Now_Format(_T("%H%M%S")) + _T("_ff__r.txt") ;
			tstring	f_d_name = ::Path_AddLastSP(tmp_path) + ::Now_Format(_T("%H%M%S")) + _T("_ff__d.txt") ;
			tstring	f___name = ::Path_AddLastSP(tmp_path) + ::Now_Format(_T("%H%M%S")) + _T("_ff___.txt") ;
			::SaveText(fet_name.c_str(),efe.Font_truetype) ;
			::SaveText(fer_name.c_str(),efe.Font_raster__) ;
			::SaveText(fed_name.c_str(),efe.Font_device__) ;
			::SaveText(fe__name.c_str(),efe.Font_________) ;
			::SaveText(f_t_name.c_str(),ef_.Font_truetype) ;
			::SaveText(f_r_name.c_str(),ef_.Font_raster__) ;
			::SaveText(f_d_name.c_str(),ef_.Font_device__) ;
			::SaveText(f___name.c_str(),ef_.Font_________) ;
			}
		}
	::ReleaseDC(NULL,hdc);
	return	true ;
	}

これで出力したもの.
EnumFontFam...Proc  FontType

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

::EnumFont…

幾つかの所で使用している ::EnumFont フォント 選択
文字列 DXF 変換  2023.09
最近追加したフォントでうまく列挙されないものがある.
先日試したコード では列挙されているので,コールバック関数の部分がうまくない.
フォントを列挙する部分は 20 年以上前に書いたコード.
間違ってはなさそうだが,MFC に依存しているので見直すことに.


プログラミング Windows 第5版 を見たが,1 ページ程度.
::EnumFonts , ::EnumFontFamilies , ::EnumFontFamiliesEx の違いなどが簡単に書かれている.


当時参考にしたのは,MFC による Windows 95 プログラミング だったみたい.ソースにコメントが残っていた.


コールバック関数の EnumFontFamExProc が呼ばれるのは,::EnumFontFamiliesEx が呼ばれた直後.
EnumFontFamExProc


インストールされているフォントの列挙
インストールされているフォントの列挙


::EnumFontFamilies と ::EnumFontFamiliesEx とでは,列挙される数が異なる.
EnumFontFamilies と EnumFontFamiliesEx で列挙されるフォント

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

J2XML アンインストールでエラー

DS220 に J2XML 3.9 を入れて,更新したものを出力.
J2XML 3.9 にあげてある DS116 へのインポートは問題ないが,J2XML 3.7 では読み込めない..
それで,J2XML をアンインストールしようとするとエラー.
エラーが発生しました。   0 Joomla\Filesystem\File::delete: Failed deleting inaccessible file .htaccess
正しい対応方法がわからない.
joomla 以下の *j2xml*.* を検索して手動で削除.
どこかに情報が残っているみたいでうまくインストールできなかった.
警告 エクステンション インストール: エクステンション J2XML 3.9 はすでに存在します。
インポートに必要な部分はそれなりに入っている様で,更新分の取り込みはできる様になった.
Joomla! を 4 に更新しなければならないのかもしれない.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。