ホーム » MFC » MFC ウィンドウ位置の保存

2023年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ統計情報

  • 87,729 アクセス


MFC ウィンドウ位置の保存

以前から,実装しようとしていつも見返してしまうので…


単純にウィンドウ位置を保存するタイミングは OnDestroy が良さそう.
ウィンドウ位置を保存するために ClassWizard で OnDestroy を追加
他には,ダイアログで「OK」を押された場合( OnOK )などもある.


ウィンドウ位置を保存するコードは次の様な感じ.

	if (!wnd->IsIconic())	{
		CRect	wRect ;
		wnd->GetWindowRect(&wRect) ;
	//	SaveRect(SecDialog,entry,wRect) ;
		}

起動時は

	CRect	rect ;	rect.SetRectEmpty() ;
	//	rect = GetRect(SecDialog,entry,rect) ;
	if (!rect.IsRectNull()) {
	//	::SystemParametersInfo(SPI_GETWORKAREA,0,&workArea,0) ;
	//	範囲の補正
		wnd->MoveWindow(rect) ;
		}

CMainFrame を持つ AP では CMainFrame::OnCreate で,ダイアログの場合は OnInitDialog で MoveWindow する.

Is this 投稿 useful? Useful Useless 0 of 0 people say this 投稿 is useful.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。