IwaoDev

この画面は、簡易表示です

2022 / 5月

S.M.A.R.T. 障害が検出されました

投稿日 by Iwao

2022/05/06 に不良セクタが発生したドライブ.この時,プチフリーズの様な現象で気づいた.
E ドライブ 不良セクタ
すぐにデータなどは他のデバイス( \\DS220\Public\ )にコピーしたので,特に失われたものはないと思う.


その後テンポラリ( VC の Fallback や SymbolCache )として使って様子を見ていた.
時々,少し遅くなることはあったが,エラーになるようなことはなかったと思う.
前回,この PC の別のドライブが壊れた時のものは次の所.
https://mish.hatenablog.jp/entry/2021/03/04/PC_D_drive_WD_Red_


今日 CrystalDiskInfo を見ると「異常」に.
E ドライブ 「異常」
イベントビューアにも「重大」として記録されている.
E ドライブ 「異常」
もうダメみたい.どうしたものか?


* 不良セクタなどが発生した場合,バックアップがない場合のみコピーして,アクセスしない様にして下さい.
  「デュプリケーター」でコピーすることにより,失うものを最小限にすることができるかもしれません.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


Joomla! デジタル署名の期限切れ?

投稿日 by Iwao

QNAP NAS で,アプリのデジタル署名の期限切れのメッセージ.
QNAP NAS  メッセージ: [App Center] アプリのデジタル署名の期限が切れました。Joomla
どうも Joomla! の期限が 2022/05/20 までになっているみたい.
QNAP NAS  Joomla! デジタル署名の期限が切れています。
Joomla! でのパッケージは更新してるのに…
実際動作しているものは 3.10.9 になっている.
どこかに書かれている情報が更新されていないだけか?
よくわからないのでこのまま放置.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


MDI exe に lnk のドロップで開けない

投稿日 by Iwao

MDI exe に lnk(ドキュメントへのショートカット)をドロップすると,
MDI exe に lnk をドロップ 「エラーはありませんでした。」
—————————
BLAM
—————————
エラーはありませんでした。
—————————
OK
—————————


ショートカット先のドキュメントファイルであれば開ける.
一度 GetOpenFileName などで ダイアログを開くと,その後は問題ない.


デバッガで追いかけると,AfxResolveShortcut でエラーになっている.


対応としては InitInstance の最初に以下を追加.

	if (!AfxOleInit()) {
		AfxMessageBox(_T("OLE の初期化に失敗しました。")) ;
		return	FALSE ;
		}

今回これを調べたのは,WM_DROPFILES の動作.
InitInstance で次の様にしている場合,CMainFrame::OnDropFiles で処理する.
m_pMainWnd->DragAcceptFiles();


MDI exe では,CView や CChildFrame で処理できそうだが,そのままでは呼ばれることはない.
予めそれぞれで DragAcceptFiles() が必要みたい.
例えば,次の様に CView で呼び出すと WM_DROPFILES が処理できる様になる.

void CBLAMView::OnInitialUpdate() 
{
	this->DragAcceptFiles();
//	...
	}
void CBLAMView::OnDropFiles(HDROP hDropInfo) 
{
	CView::OnDropFiles(hDropInfo);
	}

CMainFrame など以外の実装は Default() を呼出しているだけみたい.

_AFXWIN_INLINE void CWnd::OnDropFiles(HDROP)
	{ Default(); }

ビューのウィンドウ以外(グレーの部分)にドロップすると CMainFrame::OnDropFiles が呼ばれる.


C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2019\Professional\VC\Tools\MSVC\14.29.30133\atlmfc\src\mfc\winfrm.cpp
void CFrameWnd::OnDropFiles(HDROP hDropInfo)
{
	SetActiveWindow();      // activate us first !
	UINT nFiles = ::DragQueryFile(hDropInfo, (UINT)-1, NULL, 0);

	CWinApp* pApp = AfxGetApp();
	ASSERT(pApp != NULL);
	for (UINT iFile = 0; iFile < nFiles; iFile++)
	{
		TCHAR szFileName[_MAX_PATH];
		::DragQueryFile(hDropInfo, iFile, szFileName, _MAX_PATH);
		pApp->OpenDocumentFile(szFileName);
	}
	::DragFinish(hDropInfo);
}

winfrm.cpp  CFrameWnd::OnDropFiles


CMainFrame で CDocument などを求める.
SDI の場合

CDocument*	pActiveDoc = GetActiveDocument() ;
CXxxView*	pView = (CXxxView*)GetActiveView() ;

MDI の場合は,GetActiveFrame() で CFrameWnd を求めてから.

CFrameWnd*	pActiveFrame = GetActiveFrame() ;

CDocument*	pActiveDoc = NULL ;
if (pActiveFrame != NULL) {
		pActiveDoc = pActiveFrame->GetActiveDocument() ;
		}

CXxxView*	pView = NULL ;
if (pActiveFrame != NULL) {
		pView = (CXxxView*)pActiveFrame->GetActiveView() ;
		}
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


DS220+ VMM Antivirus Essential

投稿日 by Iwao

今日,幾つかのファイルをバックアップ.
Antivirus Essential が動き出すと,全体的な反応が悪くなってしまう.
このサイトなど Web ページを開くこともうまくできない状態に.
他に動作しているものとしては Virtual Machine と MailPlus Server .
一度,仮想マシンを終了させて,スキャンが終わるまで待った.
DS220+   Antivirus Essential
仮想マシンに割り当てているメモリを 3 GB から 2560 MB に.
標準で実装されているメモリ 2 GB だけでは,速度に不満が残るのかもしれない.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


AIO SEO データの移行

投稿日 by Iwao

WordPress データを移行して,幾つかを リダイレクト するように設定した.
それで幾つかのページを見ていると,All In One SEO で設定したデータが引き継がれていない.
どうも,AIO SEO の情報は AIO SEO のツールにより出力して取り込む必要があるみたい.
「All In One SEO」-「ツール」
これで出力した json ファイルを,新しいサイトの AIO SEO でインポートすれば良い.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


「Redirection」の設定

投稿日 by Iwao

mish.myds.me から dev.mish.work へのデータの移行ができたので,リダイレクトの設定.
WordPress の移行なので,プラグインの「Redirection」を利用することにした.


移行するデータのルートは次の様な感じ.
 https://mish.myds.me/wordpress/dev/
 https://dev.mish.work/wordpress/
「正規表現」がよくわかっていないので,簡単な方法で指定した.
「Redirection」の設定
…/dev/2020 から 2021 は,単純にリダイレクト.
…/dev/2022 は,「ログイン状態」ではリダイレクトしない様に設定した.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


VS Installer 2022

以前 VS 2017 などで「VS インストーラ」プロジェクトを作成した.
今回は VS 2022 で使用できる様にする設定など.
*「VS インストーラ」は,VS 2012 と VS 2013 にはなさそう.


先ず,プロジェクト テンプレートの追加.VS の「拡張機能の管理」メニューを選択.
検索ボックスに「Installer」と入力.
VS 2022  「VS Installer プロジェクト テンプレート」の追加
「ダウンロード」ボタンを押して,一度 VS を終了させる.
「VS Installer 2022 プロジェクト テンプレート」のインストール


「新しいプロジェクトの追加」で「Installer」と入力.
VS 2022  プロジェクトの追加  Installer
「Setup Project」を選択して「次へ」.あとはプロジェクト名を指定して「作成」.


「File System」のウィンドウを開き「Application Folder」を選択.
エクスプローラなどから exe をドロップ.
VS インストーラ  exe の追加


プロジェクトの「プロパティ」.

AddRemoveProgramsIcon 「アプリと機能」で表示されるアイコンの指定
Description
ProductName 製品名 インストール先フォルダ名にも使用される
RemovePreviousVersions 「True」に

VS Installer プロジェクトのプロパティ


必要に応じて「Application Folder」-「プロパティ」-「Default Location」を変更.


「ツリー」の「Install」-「Start」-「インストール フォルダー」を選択.
プロパティの「InstallAllUsersVisible」を Flase に.
「InstallAllUsersVisible」を「Flase」に

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


DS220+ HDD 追加

先日セットアップした DS220+ に HDD を追加.
ホットスワップ可能な機種だが,交換ではない場合の手順がよくわからないので,シャットダウンして HDD を挿入.
起動させるとうまく認識していない.もう一度シャットダウン.挿し方が甘かった.
今度は,ちゃんと DISK 2 の LED ランプも点いている.
「ストレージマネージャ」で見ると今度は表示されている.
DS220+ ディスク 2 「非初期化」
すぐに再構築されるのかと思ったが,そうではなさそう.
「利用可能なドライブの管理」でどの様な目的の追加なのかを指定するみたい.
DS220+  利用可能なドライブの管理
「ストレージ拡張用のドライブを追加する」と「ストレージプールの作成」のどちらかだと思うが…


「ストレージ拡張用のドライブを追加する」を選んで進めてみた.
リビルドと思われる動作になったのでこれで良いのだろうと思う.
DS220+ ストレージ マネージャ  ドライブを追加


2022/05/03
9 時間程かかった.
DS220+  ログセンター  expand
DS220+  リソースモニタ ディスク

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


FBX SDK 2020.3.1

久しぶりに FBX SDK のページを見たら 2020.3.1 があったのでダウンロード.
FBX SDK 2020.3.1


2022/05/02
追加のインクルードとライブラリを変更.
C:\Program Files\Autodesk\FBX\FBX SDK\2020.3.1\include;%(AdditionalIncludeDirectories)
C:\Program Files\Autodesk\FBX\FBX SDK\2020.3.1\lib\vs2019\x86\$(Configuration);%(AdditionalLibraryDirectories)
https://jml.mish.work/index.php/cpp/fbx-sdk-setting.html


VC 2017 でビルドすると PDB が足りない?ため warning LNK4099 になる.
LibXml2-MD.lib(buf.obj) : warning LNK4099: PDB ‘libxml2.pdb’ が ‘LibXml2-MD.lib(buf.obj)’ で、または ‘c:\Temp\MICSTool\FBXtoM\Release.141\x64\libxml2.pdb’ に見つかりません。デバッグ情報がないものとして、オブジェクトにリンクします。
Zlib-MD.lib(adler32.obj) : warning LNK4099: PDB ‘zlib.pdb’ が ‘Zlib-MD.lib(adler32.obj)’ で、または ‘c:\Temp\MICSTool\FBXtoM\Release.141\x64\zlib.pdb’ に見つかりません。デバッグ情報がないものとして、オブジェクトにリンクします。
インストールされるものを見ると VC 2015 も同様.
VC 2019 ならば OK.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  • カテゴリー:


top